フラワーガール

2017.8.2

フラワーガールの衣裳選び*キュートで華やかな先輩花嫁のアイデア8選

演出
farny
2623 views

フラワーガール・フラワーボーイは子どもが華やかに活躍する演出!フラワーガール・フラワーボーイが役割を果たそうと頑張る姿が可愛いと評判なんです♡フラワーガール・フラワーボーイの演出を取り入れたいけど、どんな子に頼めばいいの?衣裳はどんなものがいいの?お礼は何をあげたらいいの?など悩んでいる花嫁さんにぴったりの情報をお届けします!

フラワーガール・フラワーボーイとは?

フラワーガールは新婦の入場シーンで新婦を先導し、花びらを撒いてバージンロードを清めるという役割をする女の子のことです。その役割をするのが男の子だった場合はフラワーボーイと呼びます。

フラワーガール・フラワーボーイの役割は花びらを撒く以外にもゲストに花を一輪ずつ渡す、ブーケを持って届けるなどといったパターンもあります。

フラワーガールは数百年前、女の子が小麦の花輪を持って入場をするという演出から始まったものだそうです。小麦には「豊かな実り」と新郎新婦の「たくさんの幸せ」を願って使われていたのだとか。それがいつしか小麦の花輪が変わってカゴから花びらを撒くという演出に変わっていったそうです。

フラワーガール・フラワーボーイはどんな子に頼むべき?

フラワーガール・フラワーボーイをお願いする子どもは4歳から10歳くらいまでが良いでしょう。3歳未満の子どもですと、途中で泣き出したり、カゴを投げ出してしまったり…という事態が起きる可能性があります。もし、3歳未満の子どもにお願いをする場合は親御さんやきょうだいが一緒に連れ添ってあげてフォローしてあげると良さそうです。3歳以上の子どもでも1人でフラワーガール・フラワーボーイをするとなった場合、大勢のゲストの注目を浴びることにストレスを感じてしまう子どももいらっしゃいます。きょうだいや仲良しの子同士でやってもらったほうが安心感があっていいかもしれません。リハーサルをして当日の素敵な演出になるように配慮してくださいね。

お願いをする際、フラワーガール・フラワーボーイについて知らない方もいらっしゃるので、きちんと説明をしておくと良いですよ。結婚の日取りが決まったら、なるべく早めに頼んでおくことが大切です。

フラワーガール・フラワーボーイへのお礼は?

子どもに喜ばれそうなおもちゃやお菓子をプレゼントをすると良さそうです。何が良いか悩む方は親御さんに相談して決めると良いでしょう。お礼の目安としては1,000円~3,000円の贈り物です。

ラッピングをする場合、中身が見えないラッピングだと、開けて喜ぶ瞬間を見逃してしまうかもしれません。中身が見えるものだと子どもの喜ぶ姿を間近で見られるので、おすすめです。

フラワーガール・フラワーボーイの衣裳は?

衣裳は親御さんにお任せするのが一般的です。その場合は衣裳代を新郎新婦側で負担をする、または違う形でお礼をするなどの気配りを忘れないようにしてくださいね。新郎新婦側で希望があれば、衣裳を用意するのも◎。事前に用意した衣裳を合わせる時間をとっておくと良いでしょう。当日に衣裳を合わせると、衣裳のサイズが合わなかったり好みの衣裳ではないから着ないということも起こる可能性があります。

白いドレスは花嫁以外はタブーとなっていますが、フラワーガールは白いドレスを着ることが許されています。白いドレスを着て花嫁さんのようにするのも可愛いですよね。もちろん、白以外にもピンクや黄色、水色などにするのもOK!花を撒く役割があるので、花の妖精のように花冠を被せたり花のブレスレットをつけたりするのも素敵です。

フラワーボーイの衣裳はタキシードまたはベストつきのスーツが最適です。胸元にブートニアをつけるのも◎。フラワーボーイを新郎に見立てるのも可愛らしくて良いですよね。せっかくの子どもたちの見せ場なので、素敵な衣裳を用意してあげてくださいね。

フラワーガール・フラワーボーイ事例 8選

フラワーガール・フラワーボーイの演出を取り入れた先輩花嫁のアイデアをご紹介します。この演出を取り入れたいと考えている方は参考にしてフラワーガール・フラワーボーイの演出に工夫をしてみてはいかがでしょうか。

フラワーガール・フラワーボーイ事例1、花嫁と同じ白いドレスで

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

記念撮影も叶ったフェリーチェガーデン日比谷でのガーデンウェディング

フラワーガールに先導されてバージンロードを歩きます。姪っ子ちゃんがフラワーガールをしてくれました。フラワーガールとはバージンロードに花びらをまいて歩く女の子のこと。バージンロードを清めるという意味があるそうです。姪っ子ちゃん、一生懸命頑張ってくれました!とにかく可愛かった♪姪っ子ちゃんのドレスも可愛くって♥やはりちびっこが参列してくれるとアットホームで和やかな雰囲気になりますね。

花冠をつけて花びらをばら撒いていくフラワーガールの可愛い仕草に、同じように手を広げるゲストも!ほほ笑ましさ感じる演出になっています。花嫁と同じ白いドレスなのも可愛らしいですね♪

フラワーガール・フラワーボーイ事例2、装飾品をフラワーボーイにプレゼント

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

ハワイ・結婚式レポ*憧れのハレクラニのハウテラスチャペル☆

牧師、新郎の入場の後、とっても可愛い双子のフラワーボーイとリングボーイが登場します♡二人のボウタイは、オーダーしプレゼントしました♪

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

人前式の流れを紹介☆宣誓や飛行機シャワーなどサプライズ演出あり!

フラワーボーイは私の甥にお願いしました。フラワーボーイとリングボーイのふたりには、天使の羽とロゼットをつけてもらっています☆ロゼットは会場の雰囲気に合うように、ブルーのリボンでデザイン。子供が身につけるアイテムですが、高貴な印象のブルーを選びました☆

身に着けてもらった天使の羽は、白とブルーを基調とした会場にぴったりです♪

ボウタイやロゼット、天使の羽など身につけられるものをプレゼントする場合は挙式前に渡しておきましょう*フラワーガール・フラワーボーイが身に着けて登場する姿に嬉しく感じられますよ♪

フラワーガール・フラワーボーイ事例3、衣裳は花の妖精のように

フラワーガール

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

アーセンティア迎賓館 柏で娘たちと一緒に叶えた幸せなファミリーウェディング

大切なふたりの娘たちがフラワーガールをしてくれました♥
最初ベールガールと悩んだけど、ベールガールよりフラワーガールの方が前を歩くので写真に写りやすいです!ってプランナーの方にアドバイスをいただき、フラワーガールをしてもらうことにしました♪ふたりとも緊張w「お花撒くんだよ!」って前もって話したのに、緊張で忘れたのかお花をまったく撒きませんでした…。おかげでバージンロードは真っ白のままでした(笑)

ベールガールだとベールを持って新婦の後ろを歩きますが、フラワーガールだと新婦の前を歩くのが一般的。そのため、ベールガールよりもフラワーガールのほうが写真が撮りやすいのです☆

花冠に花柄のドレス、背中にチョウチョのような羽をつけてまるで花の妖精のよう♡とっても可愛らしい衣裳です!

フラワーガールの演出では緊張で花びらを全く撒かなかったそう。こんな出来事は忘れられないものになりますね。

フラワーガール・フラワーボーイ事例4、フラワーガールが笑顔で登場!

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

ファーストミート大成功♡葉山の海を一望できる式場でアットホームな挙式♢

そして挙式が始まります。リングボーイとフラワーガールは甥っ子と姪っ子にお願いしました。かなり足早にバージンロードを駆け抜けて行ったリングボーイと、バージンロードの半分くらいまで花びらを撒き忘れていたフラワーガールたちのおかげで、チャペルの雰囲気も和みました☆

フラワーガールを二人で!にこにこと笑いながらの登場です。フラワーガールの笑顔にゲストもつられて笑顔になっています。しかし、バージンロードの半分まで花びらを撒き忘れていたそう。こんなハプニングも可愛らしくて和んでしまいますね♪

フラワーガール・フラワーボーイ事例5、フラワーガールの演出は退場シーンで

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

挙式もゲスト参加型♪オリジナリティ溢れる演出は印象的なものになりました!

フラワーガールたちと退場しました!これもゲストの方が微笑ましく見ていてくださったのでお願いできる親戚がいて良かったなと思いました☆後から映像を見返してみたら、撒いた花を踏まないように歩いてる様子が可愛かったです♡

こちらは入場ではなく、退場でフラワーガールの演出を。フラワーガールは入場のときに登場するイメージがありますが、退場のときでもかまいません。一通りの挙式が終わって退場するときにフラワーガールの演出があると心がほんわかと温かい気持ちになりますね。

フラワーガール・フラワーボーイ事例6、撒いた花びらが舞って

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

バリ島ティルタ・ウルワツでの挙式は最高の晴れ舞台!

親友の子どもたちにフラワーガールとフラワーボーイをしてもらいました。本当に可愛くて大好きな子たちが頑張ってやってくれたのでいい記念になりました。ふたりのお陰で最高に可愛い結婚式のスタートになりました!

外での挙式だと、フラワーガール・フラワーボーイによって撒かれた花びらが風で舞って綺麗ですよね♪楽しそうに花びらを撒いているのが印象的です!こんな可愛い演出でのスタートは素敵な結婚式になる予感がしますね*

フラワーガール・フラワーボーイ事例7、花束を花嫁のもとへお届け!

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

春婚・秋婚のプレ花嫁必見◎*ガーデンウェディング*で心に残る人前式を

カラフルなお花を花嫁さんに届けてくれる、フラワーガール&フラワーボーイ。チャペルのシーンとした雰囲気だと緊張して泣いてしまうお子様もいますが、ガーデンだと緊張する事もなく、とっても可愛い笑顔がみられるはず!!

花びらを撒くのが定番ですが、花束を届けて。花束を持って歩く姿がとっても可愛らしいですね♪

フラワーガール・フラワーボーイ事例8、リングボーイと一緒に

フラワーガール

▼ 詳しくはコチラ ▼

アニヴェルセルみなとみらい横浜*アムルーズのロングトレーンが映える憧れのバージンロード

フラワーガールとリングボーイのかわいい後ろ姿と、新郎です。よく、新郎がバージンロードを歩くときに早歩きになってしまったという話を聞きますが、彼は子どもふたりの後ろを歩いたので、ゆっくり落ち着いて歩けたみたいです。子どもたちのかわいい先導を受けるとこんなメリットがあることを後になって教えられました。ありがとう!

リングボーイと一緒に登場です。後ろ姿しか写っていませんが、まるで小さな新郎新婦のよう♪新郎は子どもたちの先導のおかげで落ち着いて歩けたそうです。早歩きになってしまいそうだなと思っている方は、子どもたちの活躍の場を作ってみてはいかがでしょうか。

フラワーガール・フラワーボーイで場を和ませて

厳かな結婚式場でもフラワーガール・フラワーボーイが登場するだけで場が和みます。可愛らしい子どもたちの活躍にほんわかとして緊張が解けていきますよ。知り合いに子どもがいれば、ぜひフラワーガール・フラワーボーイをお願いしてみてはいかがでしょうか。きっと素敵な演出になること間違いなしです♪

バージンロードの入場シーンを華やかにするフラワーガール・フラワーボーイの演出。こちらの記事に事前に知っておきたいバージンロードについて詳しくご紹介しています!▼

【完全版】バージンロードの意味や歩き方など全てが分かる!演出アイデア集

他にもお子様ゲストが活躍する場を作りたいと考えているあなたはリングボーイ・リングガールの演出はいかがでしょうか♡こちらの記事ではリングボーイ・リングガールについて詳しくご紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね♪▼

リングボーイ・リングガールを頼むなら?年齢別で演出方法をご紹介!