2017.8.23

家族でグアム挙式*絶景と天から白い羽根が舞い降りる祝福のセレモニー

海外挙式・ウェディング
mari_wedding.1125
2289 views

グアムにあるホワイトアロウチャペルでの挙式。私たちはごく少数の家族のみでの結婚式だったので、装飾やオプションなどは最小限にしました。それでも自分たちにとっては一生忘れることのできない美しい景色のなかで、最高の時間を過ごすことができました。大切な思い出の写真と共に、その瞬間ひとつひとつを紹介させて頂きます。

幸せが舞い降りる羽根のチャペル

ホワイトアロウチャペル,挙式

グアムにはとても素敵なチャペルが数多くあります。その中でも私たちが強く惹かれたのは、ホワイトアロウチャペルです!まるで岬に舞い降りた二枚の羽根がそっと寄り添うような姿を表現した外装デザイン、何ものにも遮られることのない水平線が目の間に広がるオーシャンビューという立地、そして挙式の最後に天から白い羽根が舞い降りるという、このチャペルオリジナルの祝福のセレモニーがあったからです。

入場そして母からのベールダウン

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

まずは新郎新婦の入場です。入場口の前ではとても緊張していましたが、いざ扉が開くと…私たちの大切な家族がそこにいて、自分たちが「みんなにこれ着て欲しいね」と選んだお揃いのアロハウェアを身にまとい、最高の笑顔と拍手で迎えてくれる姿を見て、一気に幸せな気持ちに包まれました。

一礼ののち、バージンロードの傍らで私を待っていた母が優しくベールを下ろしてくれました。「あんなに小さかったのに、今はこんなに綺麗なお嫁さんになったのね。行ってらっしゃい」という母の言葉を聞いて、これまで大切に育ててくれた感謝と、そんな母のもとを離れることへの寂しさが一気にこみ上げました。

ここから夫とゆっくり歩調を合わせて祭壇の牧師様のもとへ向かいます。足下が気になって目線はつい下に行きがちですが、とにかく正面!とスタッフからもアドバイスされました。

太陽の移り変わりを丸ごと味わえる

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ご覧ください、この景色…!目の前にどこまでもまっすぐ広がる空と海。今このチャペルから臨む美しい景色は、私たちだけのもの。
私たちの挙式は16時半からの開始で、徐々に陽が傾き始める時間でした。この時刻の挙式だとビーチや街が賑やかな昼の時間にフォトツアー、陽が落ちる頃に会食パーティーが行えるので、この日のグアムの太陽の移り変わりを丸ごと味わうことができます。

祭壇にて牧師様とご挨拶をし、英語で結婚の意義についてのお言葉を頂きます。そして神の恵みと挙式の承認を願い、お祈りを捧げます。

心を込めて“Yes,we are.”

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

牧師様より結婚の意思について英語で問われますので、ふたりの声を合わせて心を込めて“Yes,we are.”と答えます。続いて新婦はグローブを外し、ブーケと一緒にコーディネーターに預け、新郎と両手を重ねて向かい合い、牧師様のリードのもとひとりずつ宣誓をします。

「私は神の御前にて あなたを私の妻(夫)とします」
「将来に何がおころうとも 私はいつもあなたを愛し続け ふたりで生きていく間 いつもあなたと一緒にいることを誓います」

口にしながら、なんてシンプルでわかりやすく、それでいてなんて尊い言葉なのだろうと感動しました。これから夫婦として共に歩んでいくうえで、ずっと忘れないよう心に刻んでおきたい言葉です。

指輪の交換

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

続いて、結婚の約束に忠実であることの証として指輪の交換をします。牧師様より指輪が渡され、新郎から新婦へ・新婦から新郎へと順番にはめていきます。右手で指輪を受け取り、その際も相手の左手は離さず支え、支えたその左手にそっと指輪を通す…という動作がやや難しいですが、常にどちらかの手が繋がっていることでふたりの手のぬくもりが一本の線になっていることを感じられます。

きっとこれがそれぞれ別の人生(=点)を歩んできたふたりが手を取り合い、互いの点を繋げて線に変え、夫婦という輪になることをこの指輪交換が体現しているようでした。指輪交換を見届けたのち、牧師様が結婚の成立を宣言されます。

堂々と誓いを交わすことができました

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

そしていよいよ全花嫁様が一番気になっているであろう(笑)、誓いのキスをします。新婦は背筋をまっすぐにしたまま軽く両膝を折り、新郎がベールを上げやすいよう少し頭を傾けてあげるとスムーズにいくそうです。新郎様にはベールが折れていないかをきちんと確認してもらい、綺麗に上げてくれるようお願いしておきましょう♪

キスする箇所は口、おでこ、頬など自由でいいそうです。写真に収めるため、3秒ほどの長めのキスにしましょう♥人前で恥ずかしい…という気持ちもあるかもしれませんが(もちろん私もです)この厳かな空気やグアムの光に包まれていると心が落ち着き、堂々と誓いを交わすことができました。

風の強い岬という立地ゆえ、太陽と雲が入り交じる神秘的な背景になりました。まるでこれからのふたりの人生の晴れの日、曇りの日を表しているようです。グアムの空と海の輝きに包まれた瞬間が切り取られた一枚です。

結婚証明書への署名

ホワイトアロウチャペル,挙式

続いて結婚証明書への署名です。新郎→新婦の順で署名し、最後に牧師様にサインして頂き証明書が完成します。ふたりの結婚の成立を証明する大切なものですので、ペンを持つ手にも気合いが入ります!

そしてこの署名姿は、自分の想像よりも遙かにしっかりと写真に収められていました。表情・ペンの持ち方・姿勢がはっきりと写ります。裏を返せば、ふたりの上半身アップを一番しっかりと撮ってもらえる場面ですので、アクセサリーやブートニアといったふたりの胸元の装飾を目立たせるチャンスでもあります!普段よりちょっとだけ所作を意識したほうが、良い写真をより多く残せると思います♥

チャペルシンガーの素晴らしい歌唱

ホワイトアロウチャペル,挙式

牧師様からゲストへ向けて今この瞬間に誕生した夫婦として紹介して頂き、新郎新婦は退場となります。その際にチャペルシンガーの歌唱がありますが、この歌声が本当に素晴らしかったです!心揺さぶるように力強く、それでいて優しくのびやかな歌声でこの祝福の時間を包み込んでくれました。しかも歌われたのは偶然にも私たちが大好きな曲で、この幸運に感動もひとしおでした。

チャペルオリジナルの祝福のセレモニー

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

扉の前で祭壇に向き直って一礼すると、天から羽根が降り注ぎます。これが“幸せが舞い降りる羽根のチャペル”を象徴するオリジナルセレモニー・羽根のシャワーです。ピンクの羽根をキャッチするとその家族に幸せが訪れるというジンクスがあるそうです。

式の余韻に浸っていて一瞬出遅れてしまいましたが(笑)、無邪気に手を伸ばす姿がカメラに収められていました。しかしながらふたりの手にあるのは真っ白な羽根のみ…ちょっぴり残念な気持ちで扉の外に出ると、すかさずスタッフが「羽根のほうから新婦様にくっついてきてましたよ♥」と、私のドレスに付いたピンクの羽根を見つけて手渡してくださいました。こういうさり気ない、でもとても温かい声がけやサポートをしてくださるスタッフの皆さんに、ゲストも含めて一同感激していました。

私たちにとっては二度と無い大切な一日だからこそ、それを支えてくださる各方面のプロへの期待は高いものです。アールイズウェディングの現地スタッフの方は皆、私たちの期待を遙かに超えるところまで気を配ってくださり、この幸せな思い出を紡いでくださいました。なんだかピンクの羽根以上に温かなものをキャッチできたようで、幸福感が最高潮に達したところで挙式セレモニーは終了となりました。

セレモニー終了後はチャペルにて写真撮影

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,グアム,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,グアム,挙式

挙式セレモニー終了後はチャペルに再入場して写真撮影の時間です。ここからはプロカメラマン以外の方による写真撮影も解禁となりますので、個人のカメラやスマートフォンでもいっぱい撮ってもらっておきましょう☆
撮影時間に限りがあるのでツーショットや新郎新婦ソロショットはある程度ポーズを指定されますが、ゲストと一緒にこんな写真が撮りたいという希望があればカメラマンにリクエストしてみてください!

チャペルで一番撮りたかったショット

ホワイトアロウチャペル,グアム,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

ホワイトアロウチャペル,挙式

そしてこちらはこのチャペルで一番撮りたかったショットです!チャペル横の庭にかかる白い橋での撮影は、リゾートウェディングならではの開放感を味わうことができます。
チャペル内と外庭での撮影の後はフラワーシャワーでフィナーレです。大切な人の手によって舞う祝福の花びらは、この日を締めくくる最高の笑顔を引き出してくれました。

最高の思い出をくれたチャペルの前で

ホワイトアロウチャペル,挙式

そして最高の思い出をくれたチャペルの前でのラストショット。
ふたりともこの時間が終わってしまう寂しさと、でもそれ以上の幸福感に包まれていたあの日の気持ちを思い出す、お気に入りの写真です。

ピュアホワイトの空間で過ごす最高の時間

日本から一番近いリゾートと言われ、身近なグアム。気軽に行ける条件が揃っていながら、この地でしか味わえない非日常の光景があります。
美しい空と海を眺めながら、ピュアホワイトに包まれた空間で過ごす優しい時間は、きっと一生忘れられない思い出になります。ビーチリゾート、気軽さ、感動、活気、人々のホスピタリティ…全部揃ったいいとこどりのグアムでの結婚式、皆様にもその楽しさが伝われば幸いです!