2017.12.12

0 この記事をクリップ

番傘入場☆和装での鏡開き☆ゲストとの果実酒づくりなどふたりならではの披露宴演出

結婚の段取り
bonheur.milu
1101 views

「アルカンシエル luxe mariage 名古屋」内「ジャポン」での披露宴。まずは番傘をさして和装での入場からのスタート。和装ならではの鏡開き演出や、一人ひとりのゲストと温かい思い出を作りたいという思いから果実酒づくりの演出などを選びました。ケーキカットやレーザー演出も会場には用意されていましたが、ふたりらしいプログラムで披露宴ができたことは本当に良かったと思っています。和装にピッタリの竹を使った和モダンの素敵な会場でシックで落ち着いたオトナ婚の披露宴をすることができました。その模様をご紹介いたします!

和モダンの落ち着いた雰囲気が素敵な「ジャポン」

披露宴は「アルカンシエル luxe mariage 名古屋」内の「ジャポン」という会場で行いました。ジャパニーズスタイルであるこの会場は 「和」と「モダン」が調和したインテリアが素敵で、派手過ぎず、でも天井から繊細な線のシャンデリアが下がっていて高級感もしっかりと感じ取れ、周りも竹で囲われた空間。天井も高く開放感たっぷりで、壁面は木目調で大人っぽくシックなところも理想通りでした。年配のゲストが多く、私たちもオトナ婚だったので、落ち着いたモダンな雰囲気にふたりとも意見が一致しました。

お互いのゲスト席を通ってから合流して入場演出

入場は高砂後ろのインナーガーデン両サイドにそれぞれスタンバイし、番傘で顔を隠して入場。
曲は「キャラメルペッパーズ」のウェディングソングを流しました。
キラキラとして静かな音楽の中、カーテンの奥にふたりの影が浮かびカーテンとガラス戸をゆっくりオープンしてもらいました。
カーテンが開ききったらタイミングを合わせて同時に番傘を上げ登場しました。 ふたりが離れての入場にゲストはちょっとびっくりもしていたようですが、そのままお互い自分側のゲストの近くを通って会場の後ろで合流して、主人の傘でふたり一緒に高砂まで歩いて行きました。
この、なるべく全てのゲストに近付けるよう考えた入場演出は、披露宴といえば新婦側に演出が偏りやすい中、新郎側ゲストも同じように大切にしてくれていると主賓の方々に好評でした。

テープクラッカーが中身の鏡開き演出

どうしても人前で大口を開けるのに抵抗があり、ゲストは主人にこぼれるほどのケーキを食べさせると期待するだろうけれど、それもしたくないな、期待に添えないなーと思い、思い切ってウェディングケーキの入刀演出を無しにしました。代わりにデザートビュッフェをゲストに振る舞い、折角の和装だったので、それに合わせ、和の演出で縁起のいい鏡開きを。
ただ、中身はお酒にせずドンパという大きく派手なテープクラッカーで開演に景気付けをしました。
「ご新婦様はご新郎様に手を添えてご新郎様が勢いよく叩いてくださいね!」と言われたのに「思ったより強めに叩かないとうまく出ないことがあるので頑張ってください!」という言葉を聞き、思わず力がこもってしまいました。お陰で飛びに飛んで天井に当たるほど(笑)
介添えの方に「天井に届いた方は初めてです」と言われてしまいました。当然ゲストも自分たちでさえもびっくり以上のびっくりでした!
人に流されず自分たちのプログラムを組む。私たちにとってはベストで無駄のない選択でした。

普段着ない色のカラードレスは主人セレクト

次のページ
卒花プロフィール
bonheur.milu
入籍日
2016.05.14
挙式日
2016.05.14
会場
アルカンシエル luxe mariage NAGOYA
関連記事

【最新】結婚式・披露宴の演出実例51選!ゲスト大満足のおもてなしの秘訣

adviser
披露宴

フラワーシャワーの代わりに!演出アイデア13選*手作り・節約できるポイント解説

adviser
披露宴

大満足!大成功!結婚式披露宴の人気の演出ランキング♪

adviser
披露宴

新しすぎる!ファーストバイトの演出アイデア13選&6つのバイト*

adviser
披露宴

ブーケトスを成功させる10の新アイデア*ゲストみんなが楽しめる3つのルールとは

adviser
披露宴