2019.9.30

0 この記事をクリップ

ブライズメイドとは?ブライズメイドのメリットやドレス・髪型で気をつけること

結婚式当日
farnyオフィシャルライター
173 views

昨今の結婚式では、ブライズメイドが活躍するケースも増えてきています。自分たちの結婚式でも友人にブライズメイドを依頼したいと考えている人も多いのではないでしょうか?一方、ブライズメイドという言葉は知っているものの、本来の役割や意味を知らない人も少なくないのが実情です。この記事では、ブライズメイドについて詳しく解説します。

ブライズメイドとは

ブライズメイドの役割

ブライズメイドとは、結婚式当日の花嫁に付き添い、お世話をする役割を持つ人のことです。日本では従来から、介添人といわれる女性が花嫁の付き人としてお世話をするケースが多くありました。一般的に、介添人は式場側が手配し、花嫁は介添料を式場に支払います。

一方、海外では職業として介添えを行う人に依頼するのではなく、友人に自分のお世話を依頼するのが一般的です。依頼された友人たちは、花嫁のお世話をしたり、その場を盛り上げたりと、さまざまな役割を担います。

人数は2名~5名程度であることが多く、大人数であるほど結婚式のステイタスが高いとされています。ブライズメイドのリーダーは「メイド・オブ・オナー(既婚者の場合はマトロン・オブ・オナー)」と呼ばれ、結婚式の進行において重要な役割を持つため、ある程度の知識も必要です。

基本的には花嫁の支度から引き上げまで同行することとなり、体力、気力とも必要不可欠な役割といえるでしょう。

▽ブライズメイドの関連記事はこちら
『ブライズメイドで華やかウェディング』親友も巻き込んでもっと楽しく♪ 

ブライズメイドのメリット・デメリット

ブライズメイドのメリット

ブライズメイドを依頼する場合のメリットは、なんといっても気心知れた友人がすぐ近くでサポートしてくれる心強さです。

式場が手配する介添人は、仕事の内容こそプロであるものの、基本的には見ず知らずの他人であり、自分がやってほしいことを気兼ねせずに頼めないこともあるでしょう。一方、ブライズメイドは普段の花嫁を知っているため、趣味嗜好も把握しているという安心感があります。

ブライズメイドがいることで、その場がいっそう華やかになることもメリットです。入場や退場の瞬間はもちろん、祭壇に上がったり、メインテーブルに着席したりするシーンでも、両脇でブライズメイドが花を添えてくれます。これは、裏方としての役割に徹する式場手配の介添人では難しい演出です。

ブライズメイドは身の回りのお世話をしてくれる心強い存在であるとともに、花嫁をより引き立たせてくれる効果もあると考えていいでしょう。

ブライズメイドのデメリット

ブライズメイドは結婚式のプロではありません。あくまでも花嫁である友人をサポートしてくれる存在であり、料金を支払って介添人としての技術を買うのとは勝手が違います。そのため、タイムスケジュールどおりに進行をこなす、花嫁としての立ち居振る舞いをサポートしてくれるなどの役割は期待しないほうがいいでしょう。

一方、式場手配の介添人は、結婚式を滞りなく遂行するための訓練と経験を積んでいます。わからないことがあっても的確な指示を仰ぐことができるでしょう。しかし、問題はブライズメイドが介添人ほどの仕事ができないことではありません。式場の担当者がブライズメイドのサポートをしっかりできないことにあります。

プロの介添人がいる式場では、花嫁のサポートを介添人に一任していることが多く、その仕事の内容を十分に把握していない担当者も少なくありません。すると、介添人がいない結婚式でブライズメイドにどのような指示を出したらいいのかわからず、円滑な進行に支障を来してしまうこともあります。

日本の式場では、未だブライズメイドが入る結婚式に慣れていないケースも多いため、ブライズメイドの演出が成功するか否かは担当者の腕にかかっているのが実情です。ブライズメイドを依頼する際には、このようなデメリットも把握したうえで、担当者と十分なコンタクトを取り、準備を進めることが大切です。

【男版ブライズメイド】アッシャーとは

アッシャーの役割

海外の結婚式では、花嫁のみならず花婿にも付添人がつくケースが多く見られます。ブライズメイドと同様、花婿の友人に依頼して、結婚式の準備や当日のサポートを行ってもらうのが主な役割です。その役割を担う人をアッシャー、もしくはグルームズマンと呼び、当日はブライズメイドと協力して結婚式を華やかに盛り上げます。

「確かに花嫁はドレスも着るし、お手伝いが必要なのはわかるけれど、花婿に付き添いは必要ないのでは?」と思う人もいるでしょう。

結婚式では、思いのほか花婿が1人になるシーンが少なくありません。挙式では花婿が1人で待機して花嫁の入場をまったり、披露宴では先に新婦が中座してメインテーブルに1人きりになったりします。そんなとき、アッシャーがいれば花婿が1人になることもなく、終始和やかなムードで結婚式を進めることができます。

アッシャーは花婿のお世話のみならず、進行のサポート役としても活躍します。たとえば、挙式における入場前に「今からふたりが入場します」という案内を出したり、アイルランナーと呼ばれるバージンロードを引いたり、指輪交換の手伝いをしたりと、考えられる役割を挙げれば数えきれないほどです。

日本の結婚式では、それらの役割をすべて式場のスタッフが行うのが一般的でしたが、昨今では友人に役割の一部を担ってもらい、スタッフはそのサポートに回るというスタンスを取る式場も増えてきました。アッシャーの依頼を検討している場合は、それが可能であるかどうかを担当者に確認することが大切です。

▽ブライズメイドとアッシャーの関連記事はこちら
それぞれの友人にブライズメイドとアッシャーをお願いして..♥♡笑顔と幸せに満ちた挙式レポをご紹介:*

ブライズメイドを務める際に気をつけるべきこと

挙式の流れ

ここからは、ブライズメイドを依頼された側に向けて、注意点を解説していきます。まず、ブライズメイドとしての出番がどこまでの範囲なのか、花嫁に確認しましょう。ブライズメイドを依頼する花嫁の認識は、大きく2つに分けられます。

1つは本来の意味そのままにブライズメイドを依頼しているケース、もう1つは完全な演出としてブライズメイドを依頼しているケースです。結婚式の準備から支度の手伝い、挙式や披露宴のフォローまで、そのすべてをブライズメイドとして活躍してほしいと考えているのなら、挙式の流れを事前に理解しておく必要があります。

ブライズメイドを依頼する場合の挙式スタイルは、キリスト教挙式もしくは人前式であることがほとんどです。挙式を行う場所と進行を事前に確認しておきましょう。

ブライズメイドは挙式中、入場時の付き添い、指輪交換時のサポート、動きがあるシーンでのトレーンやベールの処理など、さまざまな役割を担います。自分がどこで何をするのかをしっかり理解していないと、挙式は円滑に進みません。事前にリハーサルを行うなどして、万全の状態で臨みましょう。

入場時のみエスコートしてほしい、指輪交換のときだけリングピローを差し出してほしいといった演出としてのブライズメイドであれば、自分の出番がどこなのかを事前に確認しておきます。この場合、スタンバイの場所や自分の席に戻るタイミングなども確認しておくと、より安心して式に臨めるでしょう。

ブライズメイドドレスの選び方

基本的に、ブライズメイドはおそろいのドレスを着用します。ドレスは花嫁が用意するのが望ましいのですが、自分たちで用意することを希望された場合は、パーティの趣旨を花嫁に確認しましょう。

会場コーディネートのテーマや色合い、フォーマル度などを確認すると、ドレスが選びやすくなります。白以外の色で、ブライズメイドとしての動きを大きく制限されないデザインのものを選びましょう。極端に華美なデザインや露出が多すぎるものは避けたほうが無難です。完全に同じドレスで合わせる必要はありませんが、テイストはそろえたほうが見たときの印象がよくなります。

たとえば、同じ色味で違うデザインのドレスを着用する、同じデザインで色違いのドレスを着用するなどもいいでしょう。アクセントとして花嫁よりも小ぶりなブーケを持ったり、花嫁とおそろいのアクセサリーをつけたりすると、より華やかになります。

花婿がアッシャーを依頼している場合は、アッシャーとブライズメイドの衣装をそろえるのもおしゃれです。黒のタキシードを男性用と女性用でそろえたり、人数が同じなら2人1組で同じ色の衣装を着用したりと、衣装を工夫するだけでも1つの演出になります。

ブライズメイドするときの髪型で気をつけること

ブライズメイドの髪型は、花嫁と同じテイストでそろえるのが原則です。それぞれ髪の長さや色は異なるので、できる範囲で問題ありません。同じヘアアクセサリーやヘッドドレスを使用し、ダウンスタイル・アップスタイルを統一するといいでしょう。

「花嫁を引き立たせるのに、似たような格好をしたらまずいのでは?」と思う人もいるかもしれません。欧米では悪魔に幸せを邪魔されるという意識を持っている人が多く、結婚式の演出も「悪魔から身を守るため」に行われます。悪魔は白いものや甘いものが嫌いだと言われていることから、純白のドレスを着用し、ウェディングケーキを用意するのです。

ブライズメイドも、もともとは「花嫁本人に悪魔が寄り付かないように」という願いから発生した文化であり、花嫁と似たような女性を複数置くことによって悪魔の目を惑わせるという意味があります。見た目の統一感だけではなく、本来の役割をまっとうするという意味合いもあるので、髪型は花嫁とそろえるのが望ましいでしょう。

ゲスト同士で不公平にならないように

多くの人にとって、ブライズメイドの依頼を受けることは「うれいしこと」「光栄なこと」です。一方、誰かが選ばれて誰かは選ばれないという状況は、時として不公平だと捉えられることもあります。

このような問題を避けるためには、ブライズメイドの選び方に一定のルールを設けることです。たとえば、高校の同級生、中学の部活仲間、職場の同僚など、ゲストとしての属性を限定し、それに当てはまる人はすべてブライズメイドとすれば不公平だと捉えられることはありません。

一方、特定のルールを設けずに「なんとなく仲のいい友人を選ぶ」となると、同じ属性のゲストは不公平だと感じてしまいます。司会者にブライズメイドを依頼した理由を不自然にならないようゲストに伝えてもらうのも1つの方法です。「今日の披露宴では、高校時代の同級生がご新婦のサポートを担ってくださいます」という説明があれば、他の属性の友人も納得し、結婚式を楽しんでもらえるでしょう。

▽ブライズメイドのドレス関連記事はこちら
披露宴はティファニー婚☆結婚指輪もブライズメイドもティファニーで統一!

ブライズメイドで結婚式を盛り上げよう

ブライズメイドがいる結婚式は、花嫁にとっても心理的な負担が少なく、ブライズメイドである友人にとっても印象深いものとなります。お世話になった友人たちに囲まれて、最高の1日を楽しみましょう。

クリエイタープロフィール
farnyオフィシャルライター
関連記事

【最新】結婚式・披露宴の演出実例51選!ゲスト大満足のおもてなしの秘訣

adviser
披露宴

新しすぎる!ファーストバイトの演出アイデア13選&6つのバイト*

adviser
披露宴

フラワーシャワーの代わりに!演出アイデア13選*手作り・節約できるポイント解説

adviser
披露宴

大満足!大成功!結婚式披露宴の人気の演出ランキング♪

adviser
披露宴

長崎ロイヤルチェスターホテルで挙げる手作りアイテム溢れた結婚式♡

tomotin.wedding
披露宴