2018.3.12

生演奏BGMにとことんこだわって…♩*【和×コンサート】をテーマにしたゲスト参加型Wedding❁in名古屋ザ・グランクレール

挙式
aria
128 views

❁挙式(神前式)

挙式スタート。

神前式は空気がピンと張り詰めていて、
両親やゲストも緊張ている感じがあり、
とても気が引き締まりました!

そこも神前式の魅力かなと思います。

三三九度💓
お神酒を3度、
新郎さんと交互にいただきます💕🍶

もちろんお酒に弱い方は、
お口を付けるだけでも
大丈夫みたいです✨

私も飲み干しはせず、
一口ずついただきました♪

指輪交換💕 二人とも笑顔♪

神前式でも指輪交際があることを
初めは知りませんでした💡
神聖な神棚の前で
指輪を交換できて、
緊張しましたが幸せでした。

本当に夫婦になるんだなって
実感した瞬間の一つです💓

お色直し後の再入場は、
会場を暗くしてもらって、
バンケット後方の簾から入場の演出🌟

左右から新郎と新婦別々に入場し、
真ん中で巡り合ったら簾オープン💓
という式場の粋な計らいです♪
.
.
和風な演出にこだわったので、
会場自体も和がテーマの
バンケットを選びました。

甲冑や日本刀など飾ってあります🍁👘
4枚目なんか、よく見ると
GEISHAって書いた絵が笑
BGMは吉田兄弟にしました💓

❁披露宴(鏡開き)

披露宴スタート!
鏡開き。

私たちは「和」がテーマだったので、
ケーキカットの代わりに鏡開きを取り入れました。
中身はクラッカーにしました🌟

一番メジャーなのはお酒だとおもうのですが、
他にもお菓子かクラッカーが選べると
プランナーさんから言われました。💡

中身は華やかなクラッカーにして、
お酒は樽の中に入れてしまわず
別に振る舞いたいとお願いしたところ
快くオッケーもらえたので、
樽割→お酒振る舞いの流れになります💓

各ゲスト卓にもミニ樽を置いて
みんなで一斉に鏡開きをしました。

私たちの鏡開きの掛け声は、
「よいしょー、よいょー、よいしょー!」
パカーン🎉でした😆

鏡開きの後はお酒の振る舞い💓
新郎新婦自らお酌して、
ゲストに直接手配りしました。
とても喜ばれました。
もちろんお酒が苦手なゲストには
鹿児島産のたんかんジュースや
黒酢ドリンクを用意。

お酒は鹿児島の長崎鼻にある
「竜宮神社」に奉納されている
【赤竜宮】という焼酎です💓

赤竜宮は鹿児島でも
この場所でしか買えない限定の焼酎で
(✨幻の焼酎✨と宣伝されています笑🙊💓)
こちらのお酒はなんと
縁結びに御利益があるとか…❤🎀🎀

竜宮神社のお隣に〈にしき屋〉という
大きなお土産屋さんがあるのですが、
神社の管理もされていて、
なんと御朱印もそこでもらえます。⛩

竜宮神社は観光地だし、
かなり立派な神社なのですが、
どうやら神主さんは近くに住んでなく、
にしき屋さん以外にも
他のお土産屋さんなど商店の方や
地域の方々で神社のお手入れを
しているそうです💡

祭っているのは乙姫様で、
家内安全や縁結び、
夫婦円満に効果があるそうで、
こちらにしました🎀

乾杯の掛け声と同時に、
ヴァイオリンとピアノの生演奏を
お願いしました💕🎻🎹

曲は、
オペラ『フィガロの結婚』より序曲と、
『愛の挨拶』です🎶

ゲストにはお食事と一緒に
本格的な音楽も楽しんでもらいたくて、
コンサート風チラシも作りました〜!✨㊗

素敵な演奏のおかげで
一気に華やかな雰囲気になりました😭✨
素敵な音色にうっとり…💕
ほんとに感謝感謝です💓

中座エスコートはサプライズ💡
司会の方が名前を呼ぶと、
泣きながら喜んでくれた友人。
私たちのキューピッドでもある
大切な人👼🏹💕

おそらく私が人生で
一番落ち込んでいた時期に、
支えてくれて
たくさん遊びに連れ出してくれ、
いつも励ましてくれました。

再入場はチャペル式風の
ダーズンローズの演出にしました☺

新郎が先に入場し、
ゲストからバラを集め、
私は後から父と入場。
母にベールダウンもしてもらいました。

ダーズンローズの最後の二本は、
私の恩師で、披露宴中
ずっと素敵な生演奏を
聴かせてくださったお二人から。

🎵英雄ポロネーズ
🎵美女と野獣
🎵アヴェマリア
🎵愛の夢

という豪華すぎるプログラムを
演奏してくださいました。

父のエスコートで
再入場。
衣装はウェディングドレスにしました。

新郎はゲストから
ダーズンローズを集め終わったら、
近くで待機してくれていた
装花担当さんに渡し、
ブーケにしてもらいます💐🌹🌹

そのあと、高砂前で
私と父の入場を
見守っていてくれました💓

私と父は
各テーブルの間を通りながら、
ゆっくりと高砂前まで進みます🙌👰

高砂まで到着したら、
エスコートチェンジ💓

アヴェマリアの音楽が
綺麗でせつないのと、
父と新郎の握手に、
うるっと来た瞬間です。

披露宴再入場の演出は、
ダーズンローズ→プロポーズ→
ベールアップ→誓いのキス
でした。

生演奏のリスト作曲『愛の夢』が
BGMでまさに曲のタイトル通り
幸せな瞬間でした。

ここでゲストの皆さんから
承認の拍手がもらえるのですが、
神前挙式の時は誓いのキスもなく、
本当にずっとシーンって静まり返って
緊張しっぱなしという感じだったので、
この演出でゲストが拍手や
声を掛けて盛り上げてくて、
「おお!みんなが祝福してくれてる!✨」と
感じることができて幸せでした。

その後は歓談&手作りのプロップスを
使ったテーブルフォトラウンド。
デザートビュッフェの演出も好評でした。

私たちは和婚で
ケーキカットの代わりに鏡開きをしたので、
ウェディングケーキなしでした。

お色直しのタイミングで
ケーキカットの演出も考えましたが、
ダーズンローズの演出がしたかったので、
ウェディングケーキ&ケーキカットの
タイミングが無く。。

でもゲストの皆さんには
美味しいデザートいっぱい
食べてほしかったし、
ウェディングケーキがないと
デザートのボリューム
減っちゃうんだな…どうしよう💦と悩み、、、

女性ゲストが多かったこともあり、
デザートビュッフェを
取り入れることに決定しました。

グランクレールさんは、
親族と上司や年配の方には
席を立たなくても良い様に
配膳もしてくださいましたので、
安心🌟おかげですごく好評でした☺

声楽家として活動している私は、
花嫁の手紙は演奏にしました♬

母と二人三脚でずっとやってきたので、
その方が手紙よりも
喜んでくれるかなと思って。

もちろん両親には
サプライズにしたくて、
内緒で準備🌟

演奏した曲は、
シューマン作曲《ミルテの花》
という歌曲集から、
リュッケルト詞の
〈花嫁のうた〉を選びました。

内容は、
ちょうど結婚を間近に控えた花嫁が、
自分の親に「私、結婚します、
でも寂しがらないでね」と語りかける歌です。

この歌はシューマン自身が
結婚前夜に妻となる女性に
プレゼントしました。
「ミルテ」は銀梅花のことで、
ヨーロッパでは花嫁を
象徴する花として好まれています♪

ちょうどドイツでは5月に咲きます。
5月は愛の季節というのが、
ドイツリートの世界では定説です😉🌹

ちょうど私たちの式は5月でしたので、
まさにミルテはぴったりでした✨
私は花束贈呈でも、
両親にミルテの花を
実際にプレゼントしました☺

ラストです。

本当にグランクレールさんは
素晴らしい会場で、
ここで式が挙げられて
本当に幸せでした😭💕

理想ぴったりの会場と、
暖かい笑顔の素敵なスタッフさんたち、
美味しいお料理、豊富な演出に、
もう大満足です💯

本当にありがとうございました💓
これから式を挙げる花嫁さまにも
全力でオススメの会場です😄

卒花プロフィール
aria
入籍日
---
挙式日
2017.05.05
会場
名古屋ザ・グランクレール
関連記事

【最新】結婚式・披露宴の演出実例51選!ゲスト大満足のおもてなしの秘訣

adviser
披露宴

挙式・人前式が大成功する演出アイデア33選♡オリジナル&面白い&感動の実例集*

adviser
挙式

フラワーシャワーの代わりに!演出アイデア13選*手作り・節約できるポイント解説

adviser
披露宴

人前式*誓いの言葉30選【基本~応用11パターン】

adviser
結婚式・基礎知識

可愛すぎる!簡単手作りウェルカムボード45選*格安にDIYできる作り方手順と材料

adviser
手作りDIY