DIYアイテム

2017.5.1

DIYアイテムレポ|海外挙式用に思い入れのある大切な3点セット♪

手作りDIY
elly_4wd
487 views

私たちは海外挙式を選びました。旅費などにお金がかかってしまうこともあり、海外挙式ではコストダウンをしながらも、写真に残るものは自分で作ってみよう!と、ブーケ・ブートニア・花冠をDIYしました。ビーチ撮影も予定しているので、せっかくなら!!ということで、青い海に映える南国らしいブーケを作りました。コストダウンということから始めたDIYでしたが、とても思い入れのある素敵なアイテムが仕上がり、大満足となりました!

造花が豊富に揃うイースト サイド トーキョー

DIYアイテム

お花はイースト サイド トーキョーで購入。
浅草橋にある造花の店で、本物のお花と見間違うくらいクオリティが高くて、種類も豊富なのでどのお花を使おうか迷ってしまいます。また、ブーケに使う道具だけでなくリングピローやリボンなど、ブライダルに必要なグッズも数多くそろっているので、楽しみながら選んでいると長時間いてもまったく飽きません!

お花が決まったらいよいよDIYブーケ

DIYアイテム

お花を購入してきて、いざ!ブーケを作ります!
メインで使いたいお花は、バラとプルメリア。ピンクのブーケが作りたいのでピンクのお花を多めに、それと、南国のお花を代表する大好きな白いプルメリアも入れていきます。
でもそれだけでは寂しいと思い、お店で見つけたピンク色のラナンキュラスも選びました。(花言葉が「晴れやかな魅力」「光輝を放つ」なので、ブーケにぴったりだと思いました♪)

一輪ずつに分けてグルーガンで固定する作業

DIYアイテム

小さいお花は一本の茎にたくさんのお花がついた状態で売られているので、一輪ずつに解体してワイヤーで茎をつくり、根元をグルーガンで固めるという作業をしていきます。
ワイヤーと根元は、フラワーテープを巻くと一本の花になります。こうしておくことで、ブーケを作る時、お花を扱いやすくなり、ブーケの形が組みやすくなります。

大きな花でベースを作ってからDIY開始

DIYアイテム

私はブーケ作り初心者なので、まずメインに持ってくる大きいお花(大きいバラとラナンキュラス)でベースの形を作りました。そして、白いプルメリアと小さいバラでベースの形を崩さないよう、隙間を埋めていきます。ベースがブレないように、片方の手で花の根元をしっかりと掴んでおくことがポイントです!

葉っぱを入れることでナチュラル感アップ

DIYアイテム

葉っぱもうまく利用することでナチュラル感を出せます。
バラの葉っぱはブーケを作るときに一度切り落としたのですが、それを捨てずにとっておき最後にバランスを取るために使いました。
一本一本購入していく時にイメージしながら選んでいますが、ブーケとしてまとめてみると、予想以上に華やかでかわいい仕上がりになりました。
最後は、輪ゴムで茎をまとめて、フラワーテープでぐるぐる巻きにして固定します。持ち手のところがゴツゴツしたのもあり、私はリボンを上から巻きました!

おそろいのお花で彼のブートニアをDIY

DIYアイテム

ブーケができたら、彼用のブートニアもおそろいでつくります!
使うお花は、小さいバラとプルメリア、バランスを取るためにプルメリアの葉っぱを使います。ブーケを作る前と同じように、グルーガンとワイヤー、フラワーテープを使って下準備をしておきます。

小さなお花はグルーガンでしっかり固定して

DIYアイテム

ブートニアは大きなお花を使うとバランスが難しくなるので、小さなお花を使いますが、その時に、さっきと同様に、グルーガンとフラワーテープでバラを一本ずつに分けます。
小さめのお花は、首が取れてしまうのでグルーガンでしっかり固定しておくとうまくいきます。

ジャケットに合わせてバランスを見ながらDIY

DIYアイテム

一本ずつに分ける作業が終わったら、使うお花をまとめます。彼のジャケットを使ってバランスを見ながら調整していきます。実際に合わせることで、大きさなどがわかるのでオススメです。
バランスが決まったら、崩れないようにワイヤー部分をフラワーテープでぐるぐる巻きにします。
フラワーテープ部分に好みでリボンを巻いてもかわいいです♪

頭のサイズにワイヤーを合わせる花冠作り

DIYアイテム

一番苦戦した花冠作り。自分の頭のサイズに合わせて、ワイヤーを丸く繋げます。
ブーケの時と同じお花で、好きなバランスでお花を並べてなんとなく花冠のイメージを沸かせます。

花冠用の下準備は意外にも力仕事

DIYアイテム

下準備はこれまでと同じように、ワイヤーを茎に見立て、根元をグルーガンで留め、フラワーテープを巻いていきます。
大きめのお花と違ってうまくワイヤーが巻けず、意外にも力仕事になりました…。

フラワーをひたすらワイヤーに巻きつける

DIYアイテム

あとはワイヤーにひたすら巻きつける!
等間隔で巻きつけていくだけなのであとは簡単!…のはずが、途中でお花が足りなくなったり、隙間が空いたように見えてしまい貧相な感じに…
作ってみてから思ったポイントは、お花はなるべくワイヤーに沿わせること、多めにお花や葉っぱ類を先に用意しておくと、後が楽になります。

余った葉っぱで隙間を埋めて

DIYアイテム

余っていた葉っぱ類が隙間を埋めるのに役に立ちます!
お花だけではスカスカだった花冠でしたが、ブーケやブートニアを作ったときに余った葉っぱで埋めました。葉っぱを使ったことで、なんとなく南国感が増したような気がします♪

自信がついたDIYアイテムのフラワー3点セット!

DIYブーケ

おそろいのブーケ・ブートニア・花冠の3点が完成しました!
初めてのDIYでしたが、意外と自分でもできるんだなと自信がつきました☆
節約のため!と思って始めたDIYでしたが、結果、とても思い入れのあるものになりました♪
しかもパッとみた感じでは造花には見えないのも、お花のクオリティの良さを感じます。
これを使って実際に写真を撮るのが楽しみです☆

テーマを決めていたことでスムーズに進んだ

作る前にテーマを決めていたことも、造花購入の際にあまり迷わずに選べた理由だったと思います。私は海外挙式ということが念頭にあったので、南国のお花と大好きなピンク、というポイントでお花探しができました。作り方も、思っていたよりは難しい部分もありましたが、自分でもここまでできるんだという思いのほうが嬉しくて、DIYに挑戦して本当に良かったです♪