リングピロー,手作り

2017.4.14

和婚に使いたい和風リングピローを手作り!和柄は東京五輪にも採用で注目♪

手作りDIY
幸せのたね。
1289 views

シンプルな形を組み合わせた日本らしいリングピロー。日本の伝統柄をイメージして、オリジナルパターンで作ってみませんか。人気の手ぬぐいや唐紙(からかみ)の模様を参考に、ふたりらしい模様を作って、世界にひとつのアイテムを♪今回は、和婚にもおすすめの和風リングピローの作り方をご紹介します。

用意するもの(材料と道具)

リングピロー,手作り

予算目安:約2,000円/1個

材料

  • 印刷用紙
  • クリアファイル
  • 綿
  • 生地:麻(17×35㎝)
  • アクリル絵の具
  • フリンジテープ

道具

  • ミシン
  • カッター
  • ハサミ
  • マチ針
  • スポンジブラシ
  • 断ち切りばさみ
  • ものさし
  • テープ
  • カッターマット

STEP1:好みのモチーフでステンシルプレートを作成

リングピロー,手作り

好みのモチーフを用意して印刷します。…A

写真のモチーフは、ものさしを使って引いたラインをもとにフリーハンドで描いた丸、三角、四角と長方形です。そのほかにも大中小の〇や長さの違う縦線などを作成するとデザインに幅が広がります。

カッターマットの上に裂いたクリアファイル、Aの順に重ねてテープで留め、Aの線に沿ってクリアファイルを切り抜き、「ステンシルプレート」を作ります。

STEP2:麻布にステンシルをしていきます

リングピロー,手作り

麻布(17×17cm)を2枚用意し、紙の上にマスキングテープで貼ります。数種類のステンシルプレートを組み合わせて模様をイメージしたら、アクリル絵の具を付けたスポンジブラシで、プレートの上からたたくように模様をペイントしましょう。着色しているときにはプレートが動かないようにマスキングテープで固定しておきましょう。

STEP3:ステンシルが完成したら布を縫い合わせます

リングピロー,手作り

リングピロー,手作り

アクリル絵の具が乾いたら、麻布2枚を中表に合わせて、コの字型に縫います。…B 中表に合わせるとは、生地の表と表が内側になるように合わせることを指します。縫い終えたらのりしろ部分の角を写真のようにカットします。

STEP4:リングピローに綿を入れて口を閉じます

リングピロー,手作り

Bを裏返し、角を針できれいに出します。Bの中に綿を角から入れ、開いた返し口部分をコの字縫いで閉じます。コの字縫いとは2枚の布を折り山で縫い合わせる、縫い目が表に出ない縫い方です。

STEP5:リングピロー周囲にフリンジテープを縫います

リングピロー,手作り

フリンジテープをリングピローの四辺に縫い付け、中央にリボンを取り付ければ出来上がり!

東京五輪のエンブレムも市松模様がモチーフ

リングピロー,手作り

和柄と言えば、2020年の東京オリンピックのエンブレムにも市松模様があしらわれていますね!他にも正方形を使った菱文様や半円を重ねた青海波など丸や四角を繰り返すだけでできるシンプルな文様が和柄にはあります。ぜひ好みの和柄をモチーフにオリジナルリングピローを作って和婚らしさを演出して♪

和の小物作りならこちらをチェック!ペーパーアイテムを和のテイストで揃えて、結婚式の雰囲気を盛り上げましょう♪簡単に手作りできてコスパも抜群!結婚式準備中のプレ花嫁は要チェックです*▼

\和婚におすすめ/水引も使って席札付きくるくるメニュー表の作り方

箸置きも手作りしてみませんか?和の趣を感じられる手作りアイテムにゲストもほっこりするはず!扇子の箸置きなどかわいいアイテムで結婚式の装飾を盛り上げて▼

結婚式に手作り箸置きを!和婚に彩を添えるペーパーアイテム