結婚式,チェアサイン,手作り

2017.3.27

チェアサインをアルファベットオブジェから手作り☆結婚式のイスを装飾

手作りDIY
幸せのたね。
873 views

チェアサインとは、椅子に取り付ける目印のこと。新郎新婦の席はもちろん、ゲストの席にもぴったり☆アルファベット文字を使って様々なチェアサインが作れちゃう!例えばお父さんお母さんを指す「mom」「dad」やゲストの名前でもOK!とっても簡単に作れるサインだからイスにウェルカムスペースにと様々なシーンで活用して!アルファベットオブジェを使って簡単DIY。チェアサインの作り方をご紹介します。

用意するもの(材料と道具)

結婚式,チェアサイン,手作り

予算目安:約1,000~円/1個

材料

  • 木製アルファベットオブジェ
  • アクリル絵の具
  • 紐(リボンでもOK)

道具

  • ハンドドリル

STEP1:アルファベットオブジェに穴をあけます

結婚式,チェアサイン,手作り

チェアサインに使いたい文言のアルファベット文字を選び、上部2ヵ所にハンドドリルで穴をあけます。もし、穴をあける作業中に木が欠けてしまった場合は、ヤスリ等で削って欠けた部分を滑らかにしてから使いましょう。

STEP2:文字を並べて配色を決め、色を塗ります

結婚式,チェアサイン,手作り

アルファベット文字を順番に並べ、全体のバランスを見ながら塗る色を決めます。色が決まったら、アクリル絵の具でアルファベット文字の全面を塗り、乾かします。色や柄はお好みで♪

STEP3:アルファベットに紐を通していきます

結婚式,チェアサイン,手作り

アルファベットの上部2ヵ所にあけた穴に、順番に紐を通していきます。可愛い紐を使い、アルファベットの前面を紐が通るようにすると可愛らしさが増します♪紐が穴を通りにくい場合は、紐の先をセロテープできつめに巻いて穴より細くしっかりさせると通りやすくなりますよ。

STEP4:イスに結び付けたら文字のバランスを見て☆

結婚式,チェアサイン,手作り

紐の両端をイスに結んで取り付ければ出来上がりです!アルファベットの文字と文字との間隔は、イスの背の幅などに合わせてバランスよく調整して♪

立体文字で結婚式を可愛く演出♡

結婚式,チェアサイン,手作り

チェアサインで結婚式の会場のイスを立体文字で装飾したら、ぜひウェルカムスペースや新郎新婦の高砂テーブルにもアルファベットオブジェを飾って♡会場全体を立体文字で可愛くコーディネート♡チェアサインは結婚式の後は、ゲストへのプチギフトのひとつとしてプレゼント♪手作りウェディングアイテムをゲストの自宅にも飾ってもらえそう!