前撮り,スタジオアクア

2017.3.13

スタジオアクア・和装前撮り|白無垢&綿帽子で屋内庭園でロケ風なフォト集♪

前撮り
maru.wd520
634 views

東京や神奈川に店舗を構え、スタジオやロケーション撮影を行っているスタジオアクア。衣裳や撮影セットのバリエーションが豊富なところが魅力的です。今回は本格的な屋内庭園のセットを使ってスタジオ撮影。

こだわって選んだ白無垢と綿帽子が美しく見える角度から、いろいろなショットを撮っていただきました。持ち込んだ小物はゼロですが、からだひとつで素敵なショットがたくさん撮れたので、お気に入りの和装白無垢ショットをご紹介します!

白無垢だけの特権!綿帽子が素敵なショット

前撮り,スタジオアクア

式では和装を着ない為、前撮りは絶対に和装!と心に決めていました。その中でも日本の花嫁ならではの「白無垢」をチョイスしました。
こちらは綿帽子から覗く口元がとても上品な、横からのカットです。元々綿帽子は挙式を終えるまで新郎以外の人に顔を見られないように、という意味で深めに被ります。顔周りを包み込む綿帽子は、遠慮がちで控えめに見えますが、それもまた奥ゆかしく素敵ですよね!
横からのショットは、綿帽子の独特のシルエットを魅せることができるのでおすすめです。

和装に合う昔ながらの古風なメイク☆

前撮り,スタジオアクア

白無垢は、やわらかい印象にしたかったので、生成色のちりめん生地に。生成色は染色や漂白をしていない、生地本来が持つ特徴そのままを活かした色です。ナチュラルな印象を受けるため、白無垢姿がやわらかく見えるのです!
メイクも赤い紅とアイシャドウで昔ながらのメイクにしていただきました。和装メイクは「おしろい」という水で溶かした粉をベースメイクで使います。真っ白に塗りたくるのではなく、ほのかに白みを感じられる程度ですが☆
和装メイクは日本の女性らしい古風な雰囲気が素敵ですよね。

新郎の衣裳はプラン内で☆男性らしい1枚!

前撮り,スタジオアクア

旦那はプラン内のもので節約させてもらいました。笑
シンプルな黒の袴姿がかっこいいです☆背景が袴と同じ黒ですが、障子の絶妙な光の加減で袴姿がそこまで同化せず、男性らしさを強調してくれる1枚に仕上がっています!
撮影をお願いしたスタジオアクアは、本格的なセットが魅力的。和装が合う庭園での室内撮影は、ロケーション撮影で使用される本物の武家屋敷を思わせるような本格的な造りです。

白無垢の魅力が伝わるアップショット!

前撮り,スタジオアクア

この写真はナチュラルな生成色でデザインされた、白無垢の質感が分かりやすくてお気に入りです。間近で見ると、より自然な色みが醸し出すやわらかさが伝わるかと思います。
上品に綿帽子に手を添える姿は、指輪もさりげなく写すことができるおすすめのポージングです。白無垢姿は、赤い口紅が華やかさを添えてくれるアクセントになりますよね。
スタジオアクアは、衣裳の種類が豊富に揃っているところも魅力的です。昔ながらのベーシックなデザインの和装や、ファッション性の高い斬新なデザインの和装など。それぞれ異なる花嫁の趣向に合わせて選ぶことができます。和装だけでなく洋装も豊富ですよ!

小道具いらず♪手で作るシルエットショット

前撮り,スタジオアクア

前撮り,スタジオアクア

小道具などの持ち込みはしませんでしたが、カメラマンの方にシルエット写真を撮りたいと1つだけリクエストさせていただきました。カメラマンの方の指示で、手で狐を作ってキスさせたお気に入りのシルエットショットです♪
よくお寺や神社などの入り口に、狐の石像が設置されているのを目にしますよね。どこか日本らしさを感じさせる狐は、自然と和装とマッチします。
小道具が無くても素敵な1枚が撮れる、おすすめポージングです☆

綿帽子の由来を後姿で表現した美しいカット

前撮り,スタジオアクア

最初のご挨拶をしているみたいで、雰囲気があってこちらもお気に入りの1枚です。式を終えるまで新郎以外は見ることのできない花嫁の顔。そんな綿帽子が持つ由来を、後姿で表現した素敵なショットです。
花嫁は腰からお辞儀をするのではなく、胸もとから頭にかけて少し傾ける程度に、上品にお辞儀をすることで、白無垢独特のシルエットを損なうことなく美しく魅せることができます。
セットなのに外から太陽の光が差し込んでいるように見える、本格的な照明器具を完備しています☆

綿帽子が綺麗に見える黄昏横顔ショット☆

前撮り,スタジオアクア

人生の門出にいる風写真です。笑
どこか遠くを見つめる視線が素敵な、横からのショット☆結婚という大きな門出の感慨深さを表現できた1枚です。障子の向こうから差し込んでくる光で白無垢が綺麗に見えます。

無地の背景でアレンジの効く1枚を撮影☆

前撮り,スタジオアクア

屋内庭園での撮影でしたが、背景が真っ白のところでも写真に残していただけました。後々、スタンプや文字入れなどの加工がしやすかったので、背景なしもアリだと思います。
カメラ目線ではなく、ふたりで見つめ合いながら撮ることで程良いリラックス感を出せますよ。結婚のご挨拶用写真やウェディングムービーにも使用しやすいシンプルなカットです。
スタジオ撮影だと、こうしたシンプルな背景でも撮影できるところが良いですよね!

視線のコントロールで自然体な様子を演出!

前撮り,スタジオアクア

見つめられショットはカメラマンの方から「旦那さん優しく見つめて~」という声がかかり、その言葉に反応してしまい笑いを堪えるのに必死でした!
新婚夫婦の初々しさや、花嫁に見とれる新郎の様子を表現した素敵な1枚♪お互いに目線を合わせることは少し恥ずかしいですが、それぞれ視線を外すことで恥ずかしい気持ちや撮影の緊張が和らぎますよ。この写真は自然体な様子もいいですよね。

披露宴のウェルカムスペース用フォト☆

前撮り,スタジオアクア

披露宴のウェルカムスペースに欲しかった挨拶ショット☆年賀状用にも大活躍しました!白無垢や色打掛を着る花嫁はお腹を帯できつく締めるので、自然と背筋を伸ばした姿勢になります。
座り姿勢から床に手をつく仕草が意外と大変なので、神経を使うことで所作が一つひとつ丁寧になります!和装姿を上品に魅せることができるお座りショットもおすすめです。

和装フォトの定番!縁側の自然体ショット♪

前撮り,スタジオアクア

見つめ合いショットは恥ずかしくて笑いすぎてしまいました。笑
少し遠くから撮影してもらうショットは自然なワンシーンを写真に残せます。庭園での縁側撮影は和装フォトの定番ですよね。スタジオアクアは縁側ショットも、本当に外で撮影しているような雰囲気を出せるところが素敵です。
ロケーション撮影だとその日に天候によって撮れるショットが大きく左右されますが、スタジオなら天候による影響を受けないので安心ですよね。

綿帽子姿は横からのショットがおすすめ!

前撮り,スタジオアクア

綿帽子での撮影は正面からも素敵ですが、うつむいた角度や横顔が雰囲気出るので個人的におすすめです。
綿帽子は白無垢だけに合わせることができる、ウェディングドレスには無い特別な被り物。せっかくなら美しく見える角度で撮ってもらいたいですよね!和装ならではの奥ゆかしさや女性の上品さ、新郎を立てる控えめで謙虚な様子をいろいろな角度から写真に残してみてください。