京都,古都フォト

2017.3.3

古都フォトで叶えた京都・祇園で風景に溶けこむステキな和装前撮り

前撮り
mk.yy_wd0219
685 views

京都祇園の古都photoさんに撮影をお願いしました。
挙式当日は和装を着る予定がないので、せっかくだから白無垢・色打掛の両方着たいと思い、和装前撮りをすることになりました♪ どうせ撮影するなら、「和」と言えば京都!ということになり、京都での前撮りに決めました。和装がピッタリのステキな風景の中、私たちも違和感なく溶けこむことが出来たと思います。

指輪にネイルに袖口に…。キレイに写った手元ショット

古都フォト,京都

手元にズームした手つなぎショットです。彼の手にそっと手を添えている感じが好きです。彼からサプライズプロポーズでもらった婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけています♪ こだわったネイルアートもしっかり写してくれているのと、白無垢に施された総刺繍の鶴柄がはっきり写っていて、お気に入りの一枚です。

せっかくなので綿帽子も…。祇園に映える白無垢姿

古都フォト,京都

祇園の巽橋前でふたりでお喋りしているところです。せっかく白無垢を着るんだからと綿帽子も被りました!観光地でのロケーション撮影だったため、京都という古都ならではなのか、普通に着物を着た方も後ろに写っていたりと、風情があって自然に風景に溶け込むステキな写真が撮れています。

おでこコツンショット。和装に合わせたヘア小物がポイント

古都フォト,京都

おでこコツンショットです。彼と私に下から当たる光がキレイな一枚です。アップにしたヘアスタイルはアンダー目にまとめてもらい、とにかくバランス良く、可愛いお花をたくさんつけてもらっています。白無垢に合わせて白をベースにしたピンポンマムなど、私の好きな可愛いお花ばかりでとっても嬉しかったです。

立体的に施された美しい総刺繍の鶴柄がポイント

古都フォト,京都

白無垢のソロショット。白無垢は写真に残した時になるべく柄が写るようにと、総刺繍の鶴の柄のものを選びました。白地に白の刺繍ですが、立体感があり、写真にもキレイにそれが写ってよかったです。総刺繍のため。その分重さはありましたが、伝統的な鶴の柄という、高級感あふれるとても美しいものが着れて嬉しかったです!

祇園の町家の中心で開放的なポーズ!!

古都フォト,京都

カメラマンさんに「楽しそうな感じで片足上げてみて!」と言われ撮った1枚です!京町屋をバックに素敵なショットになりました!ふたり以外誰も写っていないところもポイント!左右にある町家が情緒豊かでまさにザ・祇園な風景になっています。私たちもこの風景の中、絵になるふたりになれているでしょうか?

可愛い夫婦お守りを両手に抱いて

古都フォト

夫婦お守りを手にしたショットです。ちゃんと婚礼衣装柄になったお守り袋がとっても可愛くて、和装と一緒に撮りたいと思い撮影してもらいました!お守りは白無垢ですが、あえて色打掛を着ている時にで撮って、お守り袋の白を際立てたのがポイントです(笑)本当に可愛い!大切な思い出として大事にします♪

太陽の光が幻想的にふたりを包む午後の撮影

古都フォト,京都

お昼過ぎからの撮影だったので、ちょうど太陽の光が真上から差してきて、きらきらと反射してベールがかかったような、ちょっと幻想的な一枚になっています。白無垢での撮影を終えたところだったので、このころには緊張感も抜け、彼も私も笑顔を作るのにだいぶ慣れてきたころでした♪

おんぶに見せかけ写真。実は寄りかかりショットです

古都フォト,京都

おんぶしているように見えて、実はただ彼にもたれかかってるだけなんです!見せかけショット(笑)です!!この色打掛姿で実際におんぶしてもらったりもしたんですが、着物の重さもプラスされてかなり重かったのと、新郎の羽織袴がよれちゃったので、見せかけショットにおさまりました!これも、光の入り方が好きな一枚です。

超個性的!!!色打掛にスニーカー

古都フォト,京都

和装×スニーカーです。スニーカー大好き夫婦なのでお気に入りのおそろいのスニーカーを履いて撮影してもらいました!ドレス姿でスニーカーはよく見ますが、色打掛と羽織袴姿でのスニーカーさすがになかなかないらしく、カメラマンさん、メイクさんに「かなりシュール!」と言われました…。結構イケてると思うんですけど…。誰にどう言われても…お気に入りの1枚です(笑)

古典柄が美しい、好みドンピシャの色打掛

古都フォト,京都

色打掛のソロショットです。白無垢の時とはまた全然違ったイメージになっています。古典柄に総柄に鶴、見る角度によっては打掛の色がくすみピンク、朱色、ゴールドが主張されて柄にしろ色にしろ、まさに好みドンピシャの色打掛でした。髪飾りも白無垢の時と同様にバランスよくたくさんつけてもらいました。色打掛用に、今度はカラフルなお花でアレンジしてもらっています。

白無垢も色打掛も、古典柄が大好きな私が選んだ衣裳は鶴の絵柄がはいったもの。まさに豪華絢爛な衣装で格式高い雰囲気に包まれました。そのお気に入りの着物柄までしっかりと写真に残せ、とても嬉しいです。もともと着る予定の無かった和装だったのに、祇園でこんなにステキに和装姿を撮ってもらえて大満足しています。