前撮り,指示書

2017.2.26

ラグナスイート新横浜で前撮り*『花嫁のこだわり』を詰め込んだ指示書は必需品★

前撮り
yumi_wakatsuki
1139 views

「ラグナスイート新横浜ホテル&ウエディング」の専属カメラマンにお願いした前撮り。屋外でのロケーション撮影ではなく、結婚式で使うチャペルと披露宴会場での撮影でした。絶対屋外がいい!という人もいるけれど、まず、なぜ室内にしたかという理由は会場にあったラグジュアリーで素敵なシャンデリアが気に入ったことから!
それに、天気の心配もしなくてよかったし、花がいっぱいのチャペルで花畑の中のような写真も撮れたし、室内での撮影に大満足しています。クリスマスシーズンだったので、会場の至る所に施してあったクリスマスの装飾と一緒に撮れたことも素敵な思い出です。

彼がだーい好き!な想いが溢れているポーズ

前撮り,指示書

素敵なスカイチャペルでの撮影。
彼をだーい好きな気持ちを表現するにはこのポーズがオススメです!
彼と身長差が30㎝あるので、普段から手をつなぐより、腕につかまって歩く方が多い私たち♥ 自然な感じで写してもらうことができました!
大好きな想いが溢れ出ちゃっています★

憧れのシンデレラショットは赤いパンプスで

前撮り,指示書

憧れのバッジェリーミシュカ(Badgley Mischka)のビジューパンプスを彼に履かせてもらってるシンデレラショット。撮影の指示書にもこのショットをお願いしたいと書いていました。
ブルーのパンプスを履く方は見たことがありますが、結婚式を挙げるなら絶対真っ赤なパンプスを履きたいと決めていました!
真っ白なウェディングドレスに真っ赤なパンプスが映えて素敵!憧れが叶った瞬間です。

赤いパンプスをクローズアップ!!

前撮り,指示書

こちらもバッジェリーミシュカのパンプスを履いた足元をクローズアップしてもらったショットです。
花嫁の当日のお支度ショットのようなイメージで撮っていただきました。本番では慌ただしくてお支度ショットが撮れない時もあるので、前撮りでこういう場面を撮ってもらっておくといいですよね★

ピカピカの床に映り込むふたりが素敵な一枚

前撮り,指示書

チャペルの床に私たちの姿が映った一枚。お気に入りの写真です。この写真は、結婚式当日の席次表&メニュー表&プロフィールBOOKの挨拶文のページにも使いました★ ゲストからも好評だったこの写真。色合いもシックでクラシカルな雰囲気…。ふたりの姿がピカピカの床に反射された写真も素敵でオススメですよ!

彼の優しい眼差しに照れてる表情の私

前撮り,指示書

絶対に撮りたかった振り返りショット★ ちょっぴり照れた表情で彼を見ながら、控えめな笑顔の私。この時、彼が優しい眼差しで私を見つめてくれていたのをよく覚えています。彼の頼りがいのある背中が何とも愛おしい一枚です。彼が写っていることで、彼のことを見つめている写真というのがわかりやすいのも、後で写真を見た時にいい思い出になりますね!

まるで花畑にいるようなシーン

前撮り,指示書

チャペルの装花がゴージャスで、まるで花畑にいるようです★ 私たちは前撮りでロケーションフォトをしなかったんですが、シチュエーションやアイテムを使うことで、室内撮影でも十分素敵な雰囲気を出すことができますよ。それに天気のことを心配しなくていいのもメリット★ 楽しい撮影の時間を過ごすことができました。

カメラマンの計らいであるオフショット

前撮り,指示書

談笑シーンもお忘れなく(笑)!オフショットのような一枚。実際カメラマンが写真を撮っていることに気が付いていませんでした。この時は私の目尻の笑いジワにファンデーションが入ってたみたいで…彼にそれを指摘されて、えー!!!って言って会話してるところです(笑)。そんな会話シーンが撮影されていたなんて。でも写真が残っていると、その時の会話までリアルに思い出せてくるので、写真って不思議ですね。

暗い場所も明るく!カメラマンマジック

前撮り,指示書

これからふたりの新しい生活に向けて歩き出す様子を表現してもらった写真。本当は扉の外は暗いのですが、光り輝く未来をイメージして、表をライトで明るくしていただきました★自分たちのイメージを詳しく伝えることで、暗いものが明るくなったり、ふたりの理想に近づくようにカメラマンたちは全力で努力してくださいます!そして、こんな素敵な写真ができあがりますよ♪

オフショット2! ナチュラルな表情がお気に入り

前撮り,指示書

前を向いてのポーズばかりではなく、普段の雰囲気の自然な表情の私たちを残してもらいたかったので、何気ない世間話をしている時のオフショットをたくさん撮っていただきました。緊張してカメラを向いている表情もそれはそれでいいけれど、何よりも、ふたりで会話をしているときの表情は柔らかでとても自然。素敵に撮ってくださり大満足です。

ドレスのディティールまで美しく

前撮り,指示書

花瓶に飾ってある周りの花をぼかして、奥に座る私にピントをあててもらった一枚。ドレスのディティールがハッキリと写り、ふわふわのドレスの生地感も伝わる素敵な一枚。手に持ったブーケの花がとっても可愛くて、嬉しい気持ちが溢れています♪全体的に白っぽい写真だけど、一つひとつのアイテムが意味のある写り方でお気に入りの一枚になりました!

撮影の決め手となったラグジュアリーなシャンデリア

前撮り,指示書

当日挙式をする式場での前撮りを決意したのは、このシャンデリアの存在が理由です。大きくて、繊細でラグジュアリーでリュクスな雰囲気のシャンデリア。そして、それに合ったちょっと大人でクールなイメージの会場も素敵。
会場にある階段でのローアングルショットは、段差を利用してドレスのスカートが綺麗に写り、足も長く見えるのがお気に入り。ローアングルはふたりの立ち姿が綺麗に表現できてオススメです!

シャンデリアを手前に撮ったラブショット

前撮り,指示書

撮影する決め手となったシャンデリアを手前に見切れるようにして入れた、彼に安心して身を任せたショット。
撮影した時期はクリスマスが近かったので、ところどころに真っ赤なバラなど、赤と緑を使ったクリスマスの装飾がほどこされていて、豪華で素敵な雰囲気の写真になりました。彩度を落とし目の色の感じも好きな一枚です。

光に透けるロングトレーンが幻想的

前撮り,指示書

光をうまく使ったショットです。このロングベールは自分で用意したものです。透けるような繊細なベールがお気に入りです。神聖なチャペルの中、ベールを通して降り注ぐ光が幻想的で素敵な一枚。ロングトレーンは扱いが大変だけど、こんなに素敵な写真を残せたので、満足しています★ 光に反射した彼の表情もいい感じです。

幻想的な光マジックのおでこコツンショット

前撮り,指示書

こちらも光の演出が素敵な一枚。彼と私のおでこをこつんとしたショットです。ここでも身長差がハッキリとわかっちゃいますね(笑)。眩しそうに見えますが、撮影中は思ったより全然眩しくないんですよ!
カメラのフラッシュと連動してこの表情になるそうです☆

誰もいない披露宴会場にふたりきりで

前撮り,指示書

披露宴会場でも撮影!
装飾なども当日の雰囲気とは違いますが、ゲストがいない中での撮影はなかなかできないので、とてもいい想い出になりました。この、彼と私のラブラブショットもそういう誰もいない空間(カメラマンはいるけれど)だからこそできるポーズ★ 当日に使う場所と同じという点でも、あとで写真を見返した時に楽しい思い出になりますよ!

初めてお揃いでつけた指輪。手元ショットも忘れずに

前撮り,指示書

手元ショットも忘れずに♪
この日のためにこだわったネイルもぜひ残しましょう。まだ結婚式前でふたりでお揃いのリングをつけるのは初めてだったので、ウキウキしっぱなしでした!ブーケの上で手を添えたポーズも雰囲気のある素敵な一枚になりました★

手作りのリングピローはプリザーブドフラワーで

前撮り,指示書

プリザーブドフラワーを使って作ったリングピローもドレスと一緒に写していただきました♪ 前撮りに合わせて、リングピロー作りのレッスンを受けて自分でDIYしました。ピンクの濃淡で真ん中の真っ白なバラの上にリングが来るようにセット。結婚指輪だけではく、婚約指輪も一緒に置けるように作りました。ケースのフタはガラス製で、フタをしめても中身が見えるようになっています。

モノクロ写真で映画のワンシーンを表現

前撮り,指示書

雰囲気を変えたモノクロの写真加工もお願いしました。海外で撮ったかのような映画のワンシーンのような一枚に仕上がったと思います。同じシチュエーションでも、加工をすることによってまた違ったイメージの写真になります。自分たちの希望を伝えて、素敵な仕上がりを目指してくださいね♪
ちなみにこの時、彼はソファーの縁に座っていたので、お尻が痛い!!!とずっと嘆いていました(笑)

クリスマスらしい温かな一枚に

前撮り,指示書

撮影日はクリスマスシーズンだったため、いたるところにクリスマスの装飾がされていました。そんなクリスマス真っ只中の雰囲気を残そうと、カメラマンがクリスマスツリーにピントを合わせて撮ってくださった一枚。これから先、クリスマスを迎えるごとに、この前撮りの日のことを思い出すのかな?

緊張もほぐれ、終盤の談笑シーン

前撮り,指示書

すでに撮影終盤だったこの時。ふたりとも完全に緊張も抜けて、夜何食べるー?なんて会話で盛り上がっていました。でもそんな普段通りの会話をしている表情のほうが、案外良かったりするもので…。カメラを意識しすぎないところがポイントなのかもです。撮影が始まった頃にそれは難しいけれど、だんだんとカメラが気にならなくなっていい表情が自然に出てくるはずですよ!

ウェディングドレスでの撮影を決めたのは、チャペルや披露宴会場でゲストがいない状況での写真が残したかったのと、ロビーのシャンデリアに一目惚れしたからです!挙式当日に撮影を入れておくと、実際はバタバタして、なかなか写真が撮れないと聞いていたこともあります。
写真に残したい場所がたくさんあり、写真を見てふたりがおじいちゃんおばあちゃんになっても、この時こうだったねーと話せるように、思い出深い写真を残してもらいました。