結婚式場,仏滅

2017.8.7

結婚式場は仏滅式を大歓迎*割引や特典などいいこと盛りだくさんって知ってた?

結婚式・基礎知識
farny
76 views

結婚式場には仏滅割引があることを聞いたことがありますか。仏滅は結婚式の費用が安くなったり、お得なサービスが受けられたりする傾向があります。お日柄にこだわらないならば、仏滅に結婚式を挙げることにはメリットが多いのです。そもそも仏滅の結婚式はどうしてNGとうイメージがあるのでしょうか。ここでは、その根拠となる六曜のいわれに触れながら、仏滅に行う結婚式のメリットやデメリットについてご紹介します。

結婚式場には仏滅割引というものがある

結婚式場,仏滅

日本の冠婚葬祭においては縁起を担ぐ傾向があり、特に結婚式においては縁起の悪いことをしないという風習が根付いています。結婚式の挨拶で「切れる、割れる、別れる」などの別れを連想させるような言葉は使わないようにするという風習もそのひとつです。ケーキカットでさえ、ケーキに「入」刀する、ナイフを「入れる」、という表現を使いますし、ドレスを「着る」とは言いません。

そのような日本独自の文化の中で、仏滅の結婚式は縁起が悪いというイメージが定着しています。現在もブライダルシーズンの土日祝日であっても仏滅であるために予約が入っておらず、ブライダルフェアを開催しているような式場もあります。そのため不人気である仏滅には料金を割引したりサービスや特典を増やしたりすることで集客をしようと式場が努力しているのです。従って安いからサービスの質や内容が落ちるということではありません。逆に料金が安いのに、内容は充実しているのです。

仏滅割引のプラン例

結婚式場,仏滅

仏滅の結婚式には割引プランがあると聞いたことがあっても実際にどのようなプランがあるのか具体的に調べたことがないというカップルのために、いつくかのプラン例をご紹介します。

  • 「仏滅は20万円OFF」
  • 「乾杯酒や宴席料、会場コーディネイトや介添料無料、メインの演出プレゼント」
  • 「会場費と挙式料が最大全額無料、装花は最大で10万円OFF、ドレスのレンタル料優待と特典付きで最大105万円分サービス」
  • 「会場費の優待、生ケーキ料金の優待、新婦の衣裳レンタル代15万円優待で最大70万円相当がお得」

などのプランが実際に期間限定、組数限定で紹介されています。サービス内容は式場により様々です。プランをWEBサイトなどで提示していない式場でも、仏滅割引について直接問い合わせをすると、サービスを提示してくれることがあります。興味のある式場があれば、気軽に問い合わせてプラン内容を比較してみましょう。

六曜ごとに料金は変わってくる

結婚式場,仏滅

六曜とは、大安、友引、先勝、先負、仏滅、赤口の6つから成り、それぞれに意味を持っています。

元は中国のものでしたが、日本には鎌倉時代末期から室町時代にかけて入ってきたとされ、その後は日本で独自の変化をしながら定着しました。六曜は現在の一週間のようなものとして使われており、日ごとの吉凶や運勢を示しています。

例えば大安は、何事にもよい日とされ、特に結婚式の日取りとして人気があります。一方で赤口は、正午頃以外は凶であり、万事にふさわしくない悪日で、法事は正午からならよいとされているのです。

このような六曜による縁起担ぎが定着していることから、結婚式の日取りについても六曜による影響を受けており、人気の度合いお日柄である大安と友引を基本とすると、先勝は午前がよいとされているため午後は割引対象、先負は午後がよいとされているため午前が割引対象、仏滅と赤口は慶事には悪日とされているため終日割引対象としている式場が多いようです。

仏滅に結婚式を挙げることのメリット

結婚式場,仏滅

仏滅を選んで結婚式を挙げることのメリットは、何と言っても料金面での割引があり、安くなる点です。さらにサービスや特典が付いてくることが多い点が挙げられます。仏滅に限らず、赤口や平日、3ヶ月以内の結婚式などに対しては割引やサービス、特典の付いたプランが用意されている式場が多くあります。また、人気が低い日取りであることから式場の予約が取りやすく、当日も他の結婚式と重なって混雑する可能性が低いために、スタッフから余裕のあるサービスを受けることもできるはずです。日取りさえ気にしなければ、はっきり言っていいこと尽くしなのです。

仏滅に結婚式を挙げることのデメリット

結婚式場,仏滅

仏滅に結婚式を挙げることのデメリットは、周囲の反対に合ったり、トラブルが生じた際に仏滅に結婚式をしたためだと言われやすくなったりすることです。仏滅の結婚式がタブーであるというイメージを持っている人を招待する場合、出席することすら忌み嫌われる場合があります。そのような人に対して、納得してもらうように話をすることは簡単ではありませんし、なかなか同意を得難いものです。身内の結婚式の日取りで縁起を担いでほしいと強く期待することは日本独特の感覚かもしれませんね。

結婚式場は仏滅挙式を歓迎している!

結婚式場にとって、仏滅でも気にせずに予約をしてくれるカップルはとてもありがたい存在です。サービスや割引を受けやすくなりますので、ふたりのこだわりや理想を、予算内で実現するにはぴったりのお日柄ということができます。もし反対している身内がいるなら説得することは大変かもしれませんが、「私達はお日柄にこだわらない」「仏滅婚でも幸せになっている人がいる」「ふたりの記念日だから」など、丁寧にそして正直に気持ちを伝えてひとりでも多くの理解者を得て、説得に協力してもらいましょう。幸せは自分達でつかむものです。