仏滅,結婚式

2017.6.13

仏滅に結婚式を挙げるのは非常識?ゲストや親戚の意見は?

結婚式・基礎知識
farny
176 views

「仏滅に結婚式を挙げるなんて!」みなさんはそんな声を聞いたことはありますか?結婚式は大安吉日に挙げるのが慣例であるという考え方を持つ人にとっては、結婚式を仏滅に挙げるなんてと驚くことでしょう。ですが、今は六曜(六輝)を気にしない人も少なくありません。仏滅の結婚式について、どのように捉えるべきなのかをご紹介します。

仏滅の結婚式はだめ?

仏滅,結婚式

まず最初に疑問に思うのが仏滅の結婚式はだめなのか?ということ。

結論から言えば、だめではありません。そもそも六曜(ろくよう)とは中国から伝播した曜日のようなもの。それが足利時代に日本に入り、その後民間の間で日々の吉兆を占うものとして広く普及しました。六曜が一般的になったのは江戸時代末期。さらに人気になったのは第二次世界大戦の終戦後です。

親世代や祖父母世代は、六曜を重んじるのが慣例となってはいますが、そもそもが歴史の浅い暦なのです。六曜には根拠もありませんし、誰が提唱したのかということも明らかにはなっていません。明治時代には、明治政府が「六曜のような暦注は迷信である」として使用を禁じたほどです。ですが、六曜は多くの人に親しまれ、今では私達の文化に根強く残ることになりました。

言ってしまえば単なる占いのようなもの。信じるか信じないかはふたり次第なので、仏滅に結婚式を挙げてもなんら問題はありません。

みんなは仏滅挙式についてどう思ってる?

仏滅,結婚式

ゲストからみた仏滅の結婚式

ゲストから見たときに、仏滅の結婚式はどうとられるのでしょうか?

じつはゲストは六曜をほとんど気にしていません。今の世代は六曜のついたカレンダー自体を目にする機会が少なく、今日が大安なのか、仏滅なのかを知っている人は少ないのです。

そもそも自分たちの結婚式ですら、全体の約2割が、お日柄を覚えていないくらいなので、今の世代のゲストに関してはお日柄を気にする必要はなさそうです。

両親・親戚からみた仏滅の結婚式

一方、両親・親戚世代となるとまだまだ六曜への信仰は厚いでしょう。仏滅に結婚式をするなんて信じられない!という人も多いはずです。

ましてや可愛い我が子の大切な結婚式となれば、お日柄を重視するのも否めません。仏滅に結婚式をするとなれば、ある程度反対意見がでることは覚悟しておきましょう。

仏滅の結婚式に対する式場側の意見

式場側からしてみても、仏滅に挙式を行うことは普通のことです。プランナーは仏滅に挙式を挙げたカップルを多く見てきていますし、その後そのカップルが不幸になったのかといえば、そんなことは決してありません。

ただ、一般的に六曜は結婚式を挙げる日取りを検討するうえで重要なポイント。大安の土日祝は、人気の日取りのためすぐに予約で埋まります。一方で、やはり仏滅に式を挙げるのは避けられる傾向にあります。式場側からしたら、できるだけ多くの人に結婚式を挙げてほしいので、人気が下がる仏滅でもなんとか結婚式の予約が入るように促します。

そのため、仏滅プランといった仏滅の結婚式を成約するだけで受けられる特典や割引を用意します。人数分の引出物が割引きになったり、エンドロールが無料でついてきたり、結婚式費用の全体から○十万割引されたり、などのようにかなりお得なプランが多いのです。仏滅に挙式を挙げてくれるカップルは式場側からしたらとても嬉しいものなのです。

仏滅結婚式のメリットとデメリット

仏滅,結婚式

仏滅結婚式のメリット3つ

仏滅に結婚式をあげることのメリットは、ふたつ。ひとつは予算面、もうひとつはスケジュールの面、もうひとつはほかの慶事とかぶりにくいことです。

メリット1、予算面で優遇を受けられる

ハイシーズンの土日祝日でも仏滅となれば人気が下がります。そのため、各式場では仏滅プランを用意しているのが一般的です。仏滅などの六曜をとくに気にしない人であれば、自分たちの好きな日に結婚式を挙げられ、さらに特典や割引がついてくれるので、この上ないメリットでしょう。式場を選ぶ際に、積極的に仏滅プランの有無を考慮してみてもいいかもしれません。

メリット2、スケジュールをおさえやすい

もうひとつはスケジュールの面。一般的に、仏滅に結婚式を挙げるのは避けられています。しかし裏を返せば、自分たちの希望の日取りが仏滅であれば人気の式場でも予約を取りやすいということでもあります。人気の式場であれば数ヶ月~1年以上も前から予約が入っていくのが普通。そんななかでどうしてもこの会場で式を挙げたいというところがあれば、あえて仏滅を検討するのも手です。

メリット3、慶事がかぶりにくい

また、仏滅挙式であれば、ほかの人と結婚式がかぶりにくいというメリットがあります。あなたも経験があるかもしれませんが、友人・知人の結婚式がかぶってしまうと、お祝いしたい気持ちはやまやまでも、どちらかを欠席せざるを得ないことが多く、自分も相手も残念な気持ちになってしまうことがあります。日取りがかぶってしまうのはしょうがないのですが、避けられるのであれば避けたいところですよね。そういった考えをもとに、あえて仏滅結婚式を選ぶカップルもいるようです。

仏滅結婚式のデメリットはイメージの悪さ

仏滅結婚式のデメリットとしては、一般的なイメージの悪さです。六曜を重んじる人からすると、やはり「仏滅に結婚式をするなんて考えられない」「非常識」「縁起が悪い」という意見を持つ人がいることは事実。場合によっては、親族から仏滅に結婚式を挙げることを反対されたり、小言を言われたりということもあるようです。

六曜はなんの意味もなく、根拠も裏づけもないものの、古くからの慣習により多くの人の常識として「大安は吉日、仏滅は凶日」というイメージが根強く残っています。実際のところ、現代において六曜を気にしているゲストは多くはないものの、年配の方であったり、親世代、親族のなかに六曜を信じる人がいた場合、印象は悪くなります。

また、仏滅に結婚式を挙げたことで、その後のふたりの生活において、「仏滅に結婚式を挙げたから・・・・・・」と因果関係をつけられてしまう可能性もあります。

やっぱり結婚式は大安のほうがいい?

仏滅,結婚式

結婚式はやっぱり大安のほうがいいのでしょうか?こればかりはふたりの気持ち次第だと言わざるを得ません。

仏滅に結婚式を行うことのメリットは予算面でもスケジュールの面でも多くあるのに対し、世間体やイメージがあまりよくないのも事実。そのため、イメージが悪くなることを避けたい人は大安やあるいは友引などを選ぶほうがいいでしょう。

仏滅の結婚式を挙げる!周囲を説得する方法

仏滅,結婚式

仏滅の結婚式はどうしても周囲から反対意見が出る可能性が高まります。ここではそんなときに、周囲を説得する方法をご提案。まわりの意見に負けず、ふたりの気持ちを貫くための理由をご紹介します。

式場の予約がいっぱいで仏滅しか空いていなかった

人気の式場だと1年以上も前から良い日取りは予約でいっぱいになります。土日祝日の大安ともなれば、すぐに予約で埋まってしまうでしょう。結婚式までに時間がなく、どうしてもこの式場で式を挙げたい、この時期に式を挙げたいという想いがあるのであれば、予約でいっぱいで仏滅しか日程が空いていなかったというのは筋が通っています。反対意見を持っている親族がいたとしても、きっと理解を示してくれるはずです。

費用面でのメリットを最大限にアピールする

仏滅は費用面でかなりの割引や特典が受けられるため、その点を最大限にアピールしましょう。「結婚式は親の力を借りず、自分たちだけでやりたい。だから費用面でメリットのある仏滅をあえて選んだ」ということを伝えれば、納得してくれるはず。

その際は、六曜の由来や根拠がないことなどもあわせて伝えてみてください。キリスト教はもちろん、仏教ともなんら関係がないということは、親世代でもあまり認知されていないこと。あらためて六曜に意味がないことを伝えて、費用面でのメリットを説明しましょう。

入籍日は大安にする

結婚式はゲストの都合や親族の都合も考えた上で日程を決める必要があります。そのため、どうしても仏滅に挙式をせざるを得なかったという状況は考えられなくもありません。挙式日はやむなく仏滅になってしまったけれど、入籍日は大安を選ぶというようにすれば、周囲に納得してもらえるかもしれません。

強く反対しているということはその分、六曜を重視しているということ。「入籍日は大安にするので」と力説してみてください。「入籍日だけでも大安ならば・・・・・・」と許してくれるかもしれません。

仏滅に結婚式を挙げても問題なし

仏滅に結婚式を挙げることについては、人によって意見がわかれるものです。六曜に対して信心深い人もいるでしょうし、まったく関心がない人もいます。大事なのはふたりの気持ちです。仏滅に結婚式を挙げることのメリットとデメリットを精査して納得のいく結婚式を挙げてください。