岡山県鏡野町

2017.4.17

滝の内側から流水を楽しむ“裏見の滝”と日本名水百選の子宝の水が湧くパワースポット

前撮り基礎知識
岡山県鏡野町産業観光課観光係
858 views

鏡野町最北端で標高は約830m。鳥取県境近くの中国山地の森に囲まれた三国山の麓にある岩井滝(いわいだき)は、高さ約10m、幅6mと規模は大きくないですが、滝の上部に大きな岩盤が突き出し、滝の裏側からも流れ落ちる清水を眺めることができる“裏見(うらみ)の滝”として人気を集めています。森のそよ風と滝のミストが心地よく、夏でも涼しいパワースポットとして人気を集めています。その魅力をご紹介します。

滝の裏側に入ることができる珍しい滝

岡山県鏡野町

春~夏にかけては、木々の緑と美しい雪解け水のコントラストを感じられる最高の季節で、最も多くの来所者で賑わう季節です。また、秋は黄や赤に色づいた美しい紅葉を観ることができ、冬は厳しい寒さと2mを超える雪に閉ざされますが、滝が凍りついて氷瀑(ひょうばく)となります。四季を通じて、オンリーワンの魅力を五感で楽しめるスポットです。

幻想的なグリーンカーテンに感動

岡山県鏡野町

岩井滝の裏側に入り、滝の裏側から流れ落ちる清水越しに外を眺めると、木漏れ日に照らされた森の緑が流水によって輝きを増し、幻想的なグリーンのカーテンを観ることができます。こうした岩井滝の美しい写真を撮影しながら地元案内人と歩く「岩井滝フォトトレッキング」は鏡野町ならではの現地ツアーとして人気を集めています。

日本名水百選に選ばれている名水「岩井」

岡山県鏡野町

滝の約100m手前に湧き出る名水「岩井」は、日本名水百選にも選ばれている貴重な水です。この水を21日間飲み続け、7月10日に念願の子を授かったという伝説から「子宝の水」とも呼ばれており、地域の伝統的行事として毎年7月10日には「岩井滝まつり」が開催され、無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈る護摩(ごま)焚きが行われます。

マイナスイオンいっぱいの森を歩く

岡山県鏡野町

中国山地の広大な森が広がる鏡野町は、町の約87%が山林に覆われており、滝や渓谷、湖といった、豊富な水資源に恵まれたまちです。岩井滝に通じる山道は、木質チップのふわふわとした歩きやすい遊歩道が整備され、急な道でも歩きやすくなっています。マイナスイオンいっぱいの森林を縫うように進む、癒し効果抜群のスポットです。

<ご注意事項>

岩井滝では、岩井滝に通じる林道の拡幅工事のため、2017年5月末~10月末にかけ、通常よりも600m程手前に設けられる臨時駐車場を利用しての入場となります。

くわしくはこちらをご覧ください▼

岩井滝に通じる林道(林道中津河線)改良工事に伴う車両通行止めのお知らせ