シャルマンシーナ東京,結婚式

2017.2.2

シャルマンシーナ東京での結婚式レポ|絆と感動のキリスト教式♡

教会式
mifu_wedding
554 views

家族の愛情と絆を強く感じた結婚式。挙式を予定通りに行えるのか悩んだ一カ月前。大好きだった祖父の他界。支えてくれた親族や家族。彼と一緒にこの日を迎えることができたのは、決して切れることのないたくさんの絆があったから。私たちが夫婦になったのは、きっと生まれる前から決まっていた運命なんだとそう思えた結婚式の一日です。

ウェディングドレスの洋髪にはティアラ

シャルマンシーナ東京,結婚式

挙式での髪型はどうしようかとかなり悩みました。最終的には、挙式はゆるふわヘアに大きめのティアラを付けることに決めました★髪型、かなり気に入っています。お支度中の写真はヘアメイクのスタッフがたくさん撮影してくれたんです!ヘアスタイルやブーケなど、挙式が始まってからだとゆっくり撮影する時間のないアイテムを一つ一つ丁寧に撮影してもらうことができました。

ユーカリで動きを出したラウンドブーケ

シャルマンシーナ東京,結婚式

挙式で持つブーケはユーカリで動きを出してもらいました。淡い感じにゆるさが加わりとても気に入っています。ユーカリの葉は銀色がかった緑の落ち着いた色味で最近では花束やアレンジメントにも人気なのだそうです。ブーケに緑が加わるとナチュラルさがプラスされて存在感が増しますよね。ブーケをメインにして一枚撮影してもらいました。

チャペルへ参列者が入場!もうすぐ開式

シャルマンシーナ東京,結婚式

外からの光が明るく差し込んでくる真っ白なチャペル。ライトや装花まで無垢な白で揃えられて、今日これから結婚式が行われるというピリリとした空気感が漂っています。厳粛な雰囲気に背筋が伸びる気持ちです。いよいよ始まる私たちの結婚式。その会場で参列者の入場が始まりました。開式までのカウントダウンが始まっているチャペルのすぐ近くで私たちは…。

私たちは何をしていたでしょうか?

シャルマンシーナ東京,結婚式

写真を撮っていました。参列者が入場しているということは、もういよいよ式が始まるという時間!なのですが、しっかりふたり写しを一枚…二枚…三枚……。ふたりで静かに向き合うシーンも♡人生の大舞台本番を直前にしてよくこんなに落ち着いていられたなと不思議に思えるほどです。私たちのいる空間だけまるで時間が止まっているかのようです!

そしてさらに直前の写真撮影は続き…

シャルマンシーナ東京,結婚式

迫りくる開式の時間を物ともせず、お座りショット♡短い時間ではありましたが、数パターンをしっかり撮影できました。後で考えてみると、撮影もなく、挙式が始まるまでの時間がただただふたりで待つだけの時間になっていたとしたら、緊張感がとんでもなく高まっていたかもしれません。撮影をお願いしておいて正解でした。

BEST DAY EVER!人生最高の日

シャルマンシーナ東京,結婚式

父は私を和ませようとしたのか、「スキップで出ようか!」などと、おちゃらけて下手くそなスキップの練習をしていました☆そのおかげで扉が開く直前には私の緊張が一気にほぐれました。そんな扉の裏でのラフな様子はみじんも見せないこの姿。カッコイイ♡最初の一礼からタイミングも頭を下げる角度もビシッと揃っています。

父の優しさに感謝したバージンロード入場

シャルマンシーナ東京,結婚式

扉の裏で見せてくれた父の優しさには感謝でした♡おかげでリラックスして父と呼吸を合わせ、ウェディングステップを合わせて一歩ずつバージンロードを歩くことができました。父の後ろ姿。私より少し前を歩いてくれている父の背中が頼もしくて。でも少し寂しそうにも見えたのは私だけだったのでしょうか。

どうしてこんなに涙があふれ出るんだろう

シャルマンシーナ東京,結婚式

ベールダウンは母に。母の顔を見た瞬間、涙があふれてボロ泣きでした。何で涙が出るんだろう。何の涙なんだろう。ただただ、あふれる涙を止めることができないまま、心の奥底では、ほんの少しの時間でいいから、母の胸で優しく抱かれていたいという気持ちがありました。最後に母の愛で心を満たしたいと思ったのかもしれません。

ボロ泣きのベールダウンに「泣かないの」

シャルマンシーナ東京,結婚式

優しく「泣かないの! おめでとう」と小声で言われ、母の優しさと偉大さを感じました。思い出しただけでも涙が出ます。これからは結婚というカタチで親元を離れて自立・独立して彼と生きていく私へ、母がこのとき私に教えてくれたことはきっと「覚悟」。母として娘である私へこの上なく深い「愛情」を贈ってくれました。

母の愛情が込められたベールダウン

シャルマンシーナ東京,結婚式

挙式でバージンロードを一緒に歩く家族は父だけなので、母にもベールダウンというカタチで挙式に携わってもらうことができて嬉しかったです。どんな言葉も今の気持ちを表現することなんてできそうもありません。上手く言えないけれど、何度も何度も浮かんでくる言葉は「お母さん、大好き。本当に本当にありがとう……」