アニヴェルセル,結婚式レポ

2017.1.27

アニヴェルセルでの結婚式レポ!人生の始まりは一つひとつを大切にして迎えたチャペル挙式♡

教会式
kayana_wedding
747 views

式場のヘアメイクの方には、自分の人生で一番と言えるくらい綺麗にメイクをしていただきました。ヘアメイクをしていただいている最中のこの写真の時は、まだ新郎と顔合わせをしていなかったので、「向こうはどんな感じなのだろう…」とドキドキしながら過ごしていました。一方では「ついにこの日が来たんだな」と感慨深かった思い出があります。

ウェディングシューズで踏み出す第一歩

アニヴェルセル,結婚式レポ

お支度中の靴とドレスです。この日のために、グリッターのパンプスにビジューのクリップをつけてアレンジしました。チラッとしか見えないけれど、靴は新しい世界への第一歩を踏み出すために大切だと聞いていたので、こだわりました。ウェディングドレス姿でのウェディングシューズ。見えないところも大切にすることの大切さを教えてくれました。

ファーストミートとふたりでの記念撮影

アニヴェルセル,結婚式レポ

お支度が終わると、新郎新婦のファーストミートと記念撮影の時間がありました。ちょっと恥ずかしいポーズでしたが、ここでしか撮れない私たちだけの思い出の時間だったので、撮ってよかったです。ヘアメイクなどのお支度が整っていく間、ずっと気になっていた新郎とようやくファーストミートできて、嬉しさと安堵感とが自然と表情に出ていました。

父とのバージンロード入場で一緒に見た景色

アニヴェルセル,結婚式レポ

挙式の入場です。この時開かれた扉の向こうの景色は、一生忘れることがないと思います。キラキラしていて、大好きな皆の顔があって、ステンドグラスも輝いていて、まさにこれからの未来の道を象徴するような光景でした。エスコートを受けて父と一緒に見つめたこの景色の先には、私たちを真っ直ぐに見つめ返してくれている新郎の姿。いつまでも大切に残しておきたい瞬間です。

「がんばってね」と母からのベールダウン

アニヴェルセル,結婚式レポ

ベールダウンは母にお願いしました。いつの間にか私よりも小さくなってしまった母に最後の身支度をしてもらい、私だけに聞こえる声で「がんばってね」と言ってもらった瞬間、思わず泣きそうになってしまいました。もしこの瞬間に母の顔を、母の目を見つめていたなら涙があふれるのを抑えることはできなかったと思います。母のベールダウンを受けて、いよいよ父とのバージンロード入場です。

父と進むロイヤルブルーのバージンロード

アニヴェルセル,結婚式レポ

父とのバージンロードは、短いけれどとても長く感じました。小声で「右、左」と掛け声を掛け合いながらつまずかないようにゆっくり歩きました。これまでの家族の思い出もしっかり蘇ってきて、「父は今どんな気持ちなんだろう」と思いました。会場の中央には祭壇まで続くロイヤルブルーのバージンロード。ステンドグラスの前では神父様も待ってくださっています。

「娘さんを彼に託しますか」娘の手を新郎へ

アニヴェルセル,結婚式レポ

父から新郎へ、新婦を託すための確認の儀です。神父の「娘さんを彼に託しますか?」の言葉で、これまで私と腕を組んでエスクートしてくれていた父が私の手を取って彼に差し出します。挙式で一番グッと来たシーンでした。父は大きな声で「はい」と応えており、この演出があったおかげで、「これで私はお嫁に行くんだな」というケジメがついたように思います。