結婚式,アーククラブ迎賓館

2017.1.24

アーククラブ迎賓館での結婚式レポ♡家族への感謝の気持ちと夢が叶った感動挙式♪

教会式
aya_0910
461 views

アーククラブ迎賓館(広島)での結婚式レポ!母からのベールダウンと父とのバージンロード入場、こだわりの花びらバージンロードなど、絶対にすると決めていた結婚式の演出。たくさんの人に協力・祝福してもらって、感動の挙式にすることができました。大切な瞬間を写真に収めてもらえたので、写真を見返すたびに、結婚式の感動が胸に蘇ります。結婚式でたくさんの夢が叶って本当に良かったです!

挙式当日は準備段階から撮影開始!

結婚式,アーククラブ迎賓館

挙式前の両家控え室で待機している写真。ふたりで「緊張するね」って話をしていました。ドアの隙間からこっそり撮影された1枚です。気付いていなかったので本当に素のままのふたりです。挙式当日は他にもたくさんこっそりと写真を撮られていて、普段の私たちの自然な表情を写してくれていたので良い記念になりました。緊張のせいなのか、不思議なくらい撮影されていることに全然気付かなかったんですよ。

いよいよ挙式会場へ入場する時間です

結婚式,アーククラブ迎賓館

入場直前、新郎の胸元に付けているブートニアの最終調整をしてもらっている間に、新郎がこっちを向いてきたので、引きつり笑いで答えた瞬間の写真を撮られていました。いよいよ挙式がスタート。私たちの結婚式、ついに本番が始まってしまいます。始まる直前ってどうしてこんなにもドキドキが止まらないのでしょうか。始まってしまえば落ち着けるのかな。

ついに挙式が始まりました!まずは新郎入場

結婚式,アーククラブ迎賓館

新郎の入場シーン。キリスト教式だったので、牧師の後ろをついて歩いていきます。会場内は厳粛なムードが漂っています。ゲストの顔もちらりと写っていますが、私の入場はこの後なので、まだまだ胸の高鳴りが収まりそうにありません。新郎が会場の祭壇前方に到着すると一度このドアはクローズされます。そして、ついに新婦入場の順番がやってくるのです。

チャペルムービーで感謝と思い出を共有

結婚式,アーククラブ迎賓館

新郎が入場したら、チャペルムービーをスクリーンに上映しました。すでに両家両親も会場の中に入っていて、私以外の全ての方に映像を見ていただきました。メインはバージンロードを一緒に歩いてくれる父に向けたメッセージ♡バージンロードの意味、小さいころの思い出と感謝の気持ちを、思い出の写真と一緒に編集して上映してもらいました。

再びドアがオープンしてついに新婦入場です

結婚式,アーククラブ迎賓館

新婦入場のシーン。私の後ろの自然光が優しく入っていて、お気に入りの1枚です。明るく柔らかい色合いの花びらを一面に敷き詰めた花びらバージンロードも、こだわって式場の方にお願いして、イメージ通りに作っていただきました。ドアがオープン!会場前方の新郎と入り口にいる私のふたりが、花びらバージンロードを通して一直線に対面し、見つめ合った瞬間です。

新婦入場の始まりは両親が席から新婦の元へ

結婚式,アーククラブ迎賓館

新婦が入場する前に、会場内の最前列の席に座っていた両親に、入場口まで私を迎えに来てもらっているところです。母はバージンロードを歩けると思ってなかったみたいで、この時、嬉しかったみたい。両親が近付いてくるにつれて、今までの家族との思い出がいっぱい浮かんできて、家族と共にしたたくさんの時間を振り返って、泣きそうになりました。

母に絶対にお願いしたかったベールダウン

結婚式,アーククラブ迎賓館

絶対にお願いしたかったベールダウンのセレモニー。ゲストみんなの前で、母に、最後の結婚支度をしてもらいました。この瞬間から、私は母の手から離れていく…寂しさと共に、結婚するんだという強い決意のような思いも抱きました。ベールは刺繍が入ったものを選びました。少し予算オーバーでしたが、すごく素敵だったので、新郎にお願いして刺繍を付けてもらいました。

ベールダウンセレモニー後の母の言葉

結婚式,アーククラブ迎賓館

ベールダウンをするために少し低い姿勢を取っていたので、ベールダウンの後、母に支えてもらって立ち上がります。その時に涙目で「すっごく綺麗よ」と言われ、私もうるっときてしまいました。母の顔を直視したら号泣しちゃいそうで、ちょっとしか見ることができなかったです…。結婚しても、いつまでも大好きな母の娘でいさせてください。

バージンロードを父と歩く夢が叶いました

結婚式,アーククラブ迎賓館

バージンロードは絶対に父と歩きたい。その夢が叶いました。一歩一歩、ゆっくりゆっくり、小さい頃からのことを思い出しながら歩きました。すっごく緊張していて、父にも私が震えてたのが伝わってたみたいです。母に結婚支度の仕上げをしてもらって、優しい言葉をかけてもらい、それから歩く父とのバージンロード。緊張しないはずがありません。そして、感動しないはずもありません。

ウェディングドレスはロングトレーンで

結婚式,アーククラブ迎賓館

父と入場している時の後ろからの写真。ベールは憧れのロングベール。そしてドレスは透かしレースが施された長いトレーン。トレーンのレースから花びらが透けていて綺麗だし、ベールのレースには少しビジューが付いていたのでキラキラしていて綺麗でした。敷き詰めた花びらもバージンロードの床をまるで舞うように写り込んでいます。

新郎と父、新婦が祭壇前で対面しました

結婚式,アーククラブ迎賓館

ゆっくりゆっくり父と歩いたバージンロード。祭壇前で新郎が優しい表情で迎えてくれました。父と組んでいた腕を外し、最後は父に背中を押されて、新郎のもとへ。父の手の温かさと存在の大きさを感じずにはいられませんでした。両親への感謝の気持ちと緊張と新郎の顔を見てほっとした気持ちと…たくさんの気持ちが入り混じっていました。これから、私たちふたりの結婚式が始まります。