結婚挨拶時の服装マナー|女性と男性の基本的なマナーって?

2017.6.16

結婚挨拶時の服装マナー|女性と男性の基本的なマナーって?

結納・顔合わせ基礎知識
farny
2217 views

結婚が決まったら、次にするのは周囲への挨拶や報告です。お互いの両親へ結婚挨拶に行くとき、どんな服装で行こう?と気掛かりになる人も多いはず。相手の実家を訪問する際にはどのような服装で行ったらよいのでしょうか。何度か訪問したことがある場合でも、改まった挨拶の場合に、どの程度身だしなみを整えて行ったらよいのか悩む人は少なくないようです。社会人として知っておきたいマナーとして、服装やヘアスタイル、ネイルなど結婚の挨拶にベストな服装について男性、女性別にご紹介します。

結婚挨拶時の服装マナー

結婚挨拶時の服装マナー

男女どちらとも清楚でセミフォーマルな装いで伺う

結婚の挨拶には、ふたりの真摯な気持ちが伝わるような服装で行います。また、身だしなみを整えることは第一印象を決めるだけでなく、社会人としてのマナーのひとつです。相手の両親にふたりの結婚の意思を伝えて、承諾を得るということが目的となりますので、男女ともに清楚でセミフォーマルな装いが適しています。ふたりの服装のバランスにも配慮しましょう。

先方の両親から普段着でよいと言われたとしても、ジーパンやTシャツ姿は男女ともにNGです。季節感がある服装もよいのですが、肌の露出が多い服装や、着脱に時間がかかりすぎる靴などは避けましょう。

自分の家への挨拶の場合も相手とのバランスを合わせ

両親への結婚の挨拶は、一般的にそれぞれの実家を訪問して行います。自分の実家で自分の両親への挨拶であっても、ひとりだけ服装をカジュアルダウンすることは控えましょう。ふたりで一緒に結婚の挨拶を両親へ行うという形式です。お互いに服装は清楚でセミフォーマルに揃えておきましょう。

ビジネススーツでもOKです。デザインも派手な色柄を避け、ふたりともに清楚で真面目な印象を与える黒・紺・茶を基調とした服装を選びます。女性ならベージュなどもおすすめです。夏場であれば、ビジネスシーンでもクールビズのスタイルが広がりつつありますが、基本的には男性はジャケットを羽織っておきましょう。話の中で、上着で寒暖を調整しても構いません。

結婚挨拶時の服装|女性編

結婚挨拶時の服装|女性編

ワンピースやスーツなどがおすすめ

女性の服装は、相手の両親へ清楚で上品な印象を与えるようなワンピースやスーツなどがおすすめです。ビジネススタイルになりすぎると、固い印象を与えてしまうこともあります。季節に合わせて淡い色や花柄などを採り入れるのもよいでしょう。女性の場合、ジャケットではなく、アンサンブルのセーターやカーディガンを合わせてもOKです。

夏場であっても肩が出るようなトップス、丈の短いスカートや短パンは避けましょう。結婚の話をする大切な場において、軽薄な印象を与えかねません。普段着でいいと先方の両親から言われた場合、スーツで行く必要はありませんが、ジーンズなどのラフすぎるスタイルはNGです。

髪はまとめるか結ぶ等ですっきりと

人の印象にはヘアスタイルが大きな影響を与えます。どんなにおしゃれな服装を身にまとっていても髪が乱れているだけでだらしない印象を与えます。当日に美容院でセットアップして結婚挨拶に向かう必要はありませんが、相手の実家への訪問日が決まったら事前に美容院で髪の毛のお手入れをするのもよいでしょう。

当日は、お茶などを頂くときに髪の毛が邪魔にならないようなヘアスタイルがおすすめです。髪の毛が長い場合にはひとつに束ねるか、ハーフアップにするなど、きちんと感が出るように注意しましょう。

派手な装飾品やカラーリングは避ける

結婚の挨拶の場で大切なのは、結婚相手として相応しいと認めてもらうことです。派手な装飾品を身に付けていると金銭感覚について不安視されることもあります。必要以上に派手なカラーリングは、職業に対する意識への疑問や不安感が生じる場合もあります。

両親の世代と自分達の世代とでは考え方に世代における違いがありますので、ジェネレーションギャップを尊重しましょう。結婚の挨拶の場にふさわしいと思われるような姿ができることも大切です。

メイクはナチュラルメイクがおすすめ

結婚すると、お互いの両親と親族としてのお付き合いが始まります。結婚の挨拶の場では、親としてはふたりの自然な表情に触れたいと思うものです。メイクひとつで表情が伝わりやすくなります。社会人のマナーとして、ノーメイクは控えたいものですが、濃すぎるメイクは対人関係においても壁があるように感じさせてしまうことがあります。

特に理由がない場合には、メイクはナチュラルメイクを心掛け、表情が明るく見えるようにしておきましょう。

ネイルはなにもしないか控えめに

両親への結婚挨拶の場は、ふたりのセンスやライフスタイルを披露する場ではありません。派手な付け爪やネイルは、両親世代には浸透していないことが多く、日常生活に対する意識への不安につながります。これからの新生活における育児や家事に対する姿勢を疑問に思ってしまう可能性があるのです。

確かに長いネイルでも家事や育児はできますが、子供を傷つけてしまったり、調理中に材料に落ち込んだりしないだろうかと、不安に思ってしまうものです。結婚の挨拶の場で、そのような不安材料を両親へ与えることのないように、できるだけネイルはなにもしないか控えめにして、清潔感が伝わるようにしておきましょう。

素足NG、ストッキングを着用

どちらのお宅にお邪魔するときにも、素足は失礼にあたります。女性ならばストッキングでもOKです。破れのない新品を履いて行きましょう。もちろん靴下でも構いません。新品が用意できなかった場合でも、毛玉や綻びなどがないものを選びましょう。結婚の挨拶という大切な場に、穴の開いた靴下で行ってしまうことのないように、できるだけお互いに気を付けて確認し合いましょう。

靴はパンプスが良い、カジュアルなサンダルやミュールは控える

結婚の挨拶では、お互いの実家を訪問することが一般的ですから、靴を脱いで部屋へ入ることを前提として靴を選びます。着脱がしやすく、セミフォーマルな服装にも合い、きちんと感が出るので、女性ならばパンプスがおすすめです。季節によってはカジュアルなサンダルやミュールも選びたくなるかもしれませんが、靴にもフォーマルとカジュアルがあり、サンダルやミュールはフォーマルに対応できる靴ではないとされています。気を付けましょう。

ハンカチ、ティッシュは必携

どのような場においても、ハンカチやティッシュは必携アイテムです。使う、使わないに関わらず、持参しましょう。ポケットに入れてしまうと服装のラインが崩れるものや取り出しにくいことがありますので、バッグの中に入れておくだけで構いません。いざというときの対応を、両親は見ているものです。いざというときに、さっとハンカチやティッシュを出せるようにしておきましょう。好感度が上がるはずです。

高すぎるヒール、ブーツ、短いスカート、きつい香水はNG

高すぎるヒールや脱ぎにくいブーツ、短いスカートなどを日常で愛用することは問題ではありません。両親が見ているのは、結婚の挨拶の場にふさわしい服装ができるかどうかです。お互いの好みや生活習慣をよく知らない間柄であるにも関わらず、きつい香水を使用することもNGです。相手に対する配慮や尊重する気持ちが伝わるようにしましょう。身だしなみは自己表現であると同時に、気持ちの表れのひとつです。

結婚挨拶時の服装|男性編

結婚挨拶時の服装|男性編

スーツやジャケットがおすすめ、スラックスの折り目もつけて

両親への結婚の挨拶での男性の服装は、普段から仕事に使っているビジネススーツでOKです。仕事でスーツを着る機会がないという人は、この機会に1着、スーツを新調してみることをおすすめします。スーツの専門店もありますので、気軽にスーツの取扱店に立ち寄ってみましょう。目的に合わせたスーツを選ぶお手伝いをしてくれます。

スーツの色合いは、ブラックはきちんと感があり、紺は爽やかな印象、グレーは落ち着いた印象を与えてくれます。無地に限らず、ピンストライプやチェックなど多少の柄ならOKです。シャツやネクタイとの合わせ方で印象が明るくも柔らかくもなりますので、いくつか組み合わせを考えてみましょう。ブランドがすぐに分かってしまうような高級なスーツは控えておきましょう。

💡

当日、着用するスーツは、クリーニングに出すなどして清潔で綺麗な状態に整えておきます。スラックスの折り目にもアイロンでプレスして折り目を入れてもらうと改まった印象になります。カッターシャツやネクタイ、ハンカチなども綻びがないか、ボタンが取れていないか、アイロンがかかっているか確認しておきましょう。前日までにすべての準備を整えて、久しぶりに着用する衣類には事前に一度袖を通してきましょう。綻びがあったり、サイズが合わなくなっていたりする場合があります。

すっきり短髪が好印象

男性も女性もヘアスタイルは第一印象を決める要素のひとつです。不潔さを感じさせないように、結婚の挨拶の前には美容院や理髪店など髪の毛をお手入れしてもらいましょう。親世代には長髪より短髪のほうが比較的、好印象であるようです。ヘアカットに行って結婚の挨拶に臨んでくれたのだということは相手の両親にも伝わり、好印象につながります。

普段、茶髪の人は明るすぎる茶髪や派手な色、メッシュなどは軽薄な印象を与えかねませんのでできるだけ抑えた髪色にしておきましょう。

髭もきれいに剃っておく

無精髭がおしゃれとして人気ではありますが、結婚の挨拶の場にふさわしいとはいえません。だらしなさとして受け取られる可能性がありますので、できるだけ剃って行くことをおすすめします。どうしても剃らないという場合には、カットして揃えるなど、お手入れを怠らないようにしましょう。

靴下はスーツの色にあわせて新品を用意

毛玉や穴の開いた靴下、つま先やかかとが薄くなっているものはNGです。見落としがあると恥ずかしい思いをすることになりますので、靴下は服装に合うものを新調することをおすすめします。新しい靴下は見ると分かるものです。相手の両親も足元を見て新しい靴下で来てくれた気持ちを評価してくれるはずです。

新品の靴下で訪問することは相手の家に対する配慮でもあります。服装に合う色の靴下でOKです。もしも白の靴下がスーツに合うのであれば新品の白い靴下は清潔感がありおすすめです。

靴の汚れにも気を付け、事前に磨いておく

靴は前日までにしっかりと磨いておきましょう。靴は全身の印象を決めるポイントのひとつです。お手入れの有無で印象が変わります。どんなにおしゃれにしていても、靴が汚れていたり、服装に合わなかったりすると、普段はだらしなさそうだという印象になりかねません。意外と足元は見られているものです。また、相手の実家を訪れたときには、靴を玄関で脱ぐことになります。靴の内側に破れや汚れがないか、かかとを踏んで靴の形を崩してしまっていないかなどを確認しておきましょう。

派手すぎるネクタイ、ピアスや指輪、無精髭、きつい香水はNG

ネクタイ選びも大切です。派手な色柄ではなく誠実で信頼できる印象を与えるものを選びましょう。普段着でよいと言われた場合にはノーネクタイでも構いませんが襟付きのシャツをジャケットの下に着用しましょう。また、結婚の挨拶という主旨から考えると、ピアスや指輪、無精髭、きつい香水などといった個性を主張しがちなファッション性の高いアイテムやおしゃれは、その場の雰囲気に合うとは言い難いため控えましょう。指先も見られていますので伸びた爪はカットしてきちんと整えておきましょう。

結婚挨拶までに服装マナーを完璧に!

結婚の挨拶は、人生の中において迎える改まった挨拶の場のひとつです。社会人としてのマナーも相手の両親は見ていますし、我が子にもきちんと挨拶ができる大人であってほしいと願っているはずです。服装は気持ちの表れです。場所や目的、場合などに合った服装、行動、ふるまいができるようにしておきましょう。

結婚の挨拶で着用する服装については、ふたりで相談したり、お店の人に聞いてみたり、両親に自分の服装について相手の両親に失礼がないかどうかを相談してみたりするのもおすすめです。社会人の先輩でもある両親に確認してもらうことで安心感を得ることもできますし、コミュニケーションにもなります。遠慮なく相談してみましょう。

結婚挨拶時に忘れてはいけないのが手土産。相手のお宅にお邪魔するときはもちろん、どこかの食事会場に集まる場合でも手土産があると好印象。さらに、相手の好みなどがわかっていれば、心をつかめるかも!選び方のマナーについて予習しておきましょう▼


親への結婚挨拶*おすすめ手土産12選&NGパターン!予算や渡し方のマナーまとめ