婚約指輪をつける指|左手の薬指だけじゃないって知ってた?

2017.6.15

婚約指輪をつける指|左手の薬指だけじゃないって知ってた?

結婚の段取り
farny
361 views

夫婦になる前のふたりの愛の証である婚約指輪は、薬指にはめるものというイメージが一般的ではないでしょうか。しかしその中で、婚約指輪は必ず薬指につけなくちゃいけないの?という疑問もあるかもしれません。実際は薬指につけなくてもよい?本記事では、そんな疑問を解消する情報をまとめました。また、婚約指輪が持つ意味や歴史など、興味深い情報も一緒にご紹介します。

婚約指輪をつける指はどれ?

婚約指輪をつける指はどれ?

婚約指輪といえば、夜景の見えるレストランで、彼が小さな小箱を差し出しプロポーズ…小箱の中で光り輝く指輪を左手の薬指にスッとはめてくれて…そんなロマンチックなシーンが思い浮かびますよね。

一般的に「婚約指輪は左手の薬指につけるもの」というイメージが定着しています。また、婚約指輪よりもカジュアルなペアリングも、左手の薬指につけているカップルがほとんどですよね。なんとなく愛を象徴する指輪は、左手薬指につけるのが正解という雰囲気が世間一般に漂っています。

実際に薬指はとても深い意味を持っていることに間違いはありません。婚約指輪を左手の薬指につける習慣は日本だけでなく、海外でもよく見られているほど、当たり前のように定着しているのです。しかし中には、婚約指輪を足の指につける国や、右手の薬指につける国もあります。こうしてみると、婚約指輪をつける指は本当のところ、どの指なのかさらに気になりますよね。

婚約指輪をつける指はどこでもOK

婚約指輪をつける指はどこでもOK

率直に言うと、「婚約指輪をつける指はどこでもOK」です。特につける指は決まっていないので、ふたりの好きな指に婚約指輪をつけても問題ありません。そのため、婚約指輪もファッション感覚でつけることができます。ちなみに、「婚約指輪を左手の薬指につける」というルーティーンが世間に広まったのには、諸説あります。

  1. 左手の薬指は他の指よりも動きが少なく、汚れや傷がつきにくいといわれているため
  2. 昔から左手の薬指には心臓に繋がる太い血管が通っているといわれ、心と心を繋ぐ神聖な指とされていたため
  3. 左手の薬指は10本の指の中で「愛」の象徴であるため

婚約指輪を左手の薬指につけることが定着しているのには、こうした説が語られていたからなのです。どれも婚約指輪をつけるにはふさわしい内容ですよね。こうした説が語られるようになったのには、婚約指輪が持つ長い歴史が関係しています。

左手の薬指につけるようになった背景

左手の薬指につけるようになった背景

婚約指輪は古代ギリシャ時代から存在していて、とても長い歴史を持っているのです。時代は起源前2500年頃。左手の薬指は心臓に繋がる1本の太い血管が通っていたと言い伝えられていました。また、人々はそれを信じ、心と密接に関係する心臓と繋がる左手の薬指を、とても神聖な部位として扱っていたのです。こうした背景により、婚約指輪は左手の薬指につけられるものというイメージが定着したのではないかといわれています。

ちなみに、もともと婚約指輪は愛し合うふたりの心と心を繋ぐものとされており、途切れることのない「輪(リング)」は永遠を約束するものとして用いられていました。時代が少し進むと、結婚を約束するふたりが指輪交換をし、左手の薬指に婚約指輪をはめるというセレモニーが生まれます。また、結婚指輪はこの何年も後に出てきたもので、婚約指輪の方が、遥かに歴史が深いのです。

右手・左手、それぞれの指に込められた意味

右手・左手、それぞれの指に込められた意味

左手の薬指には歴史的な背景があり、婚約指輪をつける理由も納得できますが、実際にはどこにつけてもOKです。そのため、他の指がどんな意味を持っているのかも気になりますよね。右手・左手、それぞれの指に込められた意味をご紹介します。

【右手】

  • 親指(サムリング)…パワフルな行動力を引き出す、目標達成、リーダーシップを高める
  • 人差し指(インデックスリング)…活力アップ、脳の活性化、目標に突き進むパワーを得る
  • 中指(ミドルフィンガーリング)…直感を高める、仕事で成功を収める
  • 薬指(アニバーサリーリング)…本来の自分を見出す、想像力を高める
  • 小指(ピンキーリング)…自分らしさ、魅力を高める、幸せを逃がさない

【左手】

  • 親指…信念を貫く、実現、目標達成のために背中を押す
  • 人差し指…集中力を高め行動を積極的にする
  • 中指…協調性・判断力を高める、人間関係をスムーズにする
  • 薬指…愛、絆、心を深める
  • 小指…チャンスを引き寄せ願いを叶える、恋愛成就

大切な婚約指輪を、どの指につけるかは個人の自由です。叶えたい願いがある、仕事で成功をおさめたい、など。それぞれが必要とする意味を持った指を選んでもいいでしょう。婚約指輪が持つ「愛」のパワーで、目標達成できるかもしれませんよ。

結婚後に婚約指輪をつけるタイミングは?

結婚後に婚約指輪をつけるタイミングは?

結婚して夫婦になると、婚約指輪ではなく結婚指輪をはめるようになります。その場合は今までつけていた婚約指輪をどうすればいいか迷いますよね。同じブランドで購入したものであれば、重ね付けできるものも多く、セットでなくともテイストが似ているため一緒につけても違和感がないものがほとんどです。婚約指輪はファッション感覚で一緒につけている方も多くいますよ。

結婚式やパーティに出席する際につける

また、婚約指輪はダイヤモンドなどの石や装飾が華やかなものが多い傾向にあります。そのため、普段は結婚指輪だけをつけて、結婚式やお呼ばれされたパーティなどの際に婚約指輪も一緒につけるという方が多いです。旦那さんとの特別なディナーの際につけていくという方も。手元に華やかさをプラスする役割として、婚約指輪を用いることができます。

このように婚約指輪は、ファッション感覚で使用すると、意外と使えるシーンがたくさんありますよ。また、特別なときに使用することで、より大事さが増しますし、つけた際に気分も高まります。

結婚式の演出に取り入れる

ちなみに、結婚式当日も婚約指輪のつけ方があるのをご存知でしょか。結婚式で行う指輪交換のために、婚約指輪は「右手の薬指」につけておきます。結婚指輪をつけるために左手の薬指を空けておくのです。そして左手についた結婚指輪の上に婚約指輪を重ね付けします。これには、「ふたりの愛の証を永遠に封じる」というロマンチックな理由があるのです。

これを踏まえると、普段から結婚指輪と婚約指輪を重ね付けしていてもおかしくはありませんよね。むしろ、ふたりの深い愛を象徴する素敵な手元を演出してくれるでしょう。

結婚指輪と重ね付けができる婚約指輪も要検討

結婚指輪と重ね付けができる婚約指輪も要検討

近年は結婚指輪のみ購入するというカップルも多くなってきていますが、婚約指輪の深い歴史や結婚指輪と重ね付けする意味などを知ると、婚約指輪も準備したくなりますよね。

婚約指輪も結婚指輪も、単体で使用するのが一般的ですが、近年は重ね付けできるデザインの指輪を購入する方が増えています。結婚指輪は結婚後、永く愛用できますが、婚約指輪は使用期間が短いことから、需要が伸び悩んだ時期もありました。が、「重ね付け」という新たなトレンドが婚約指輪の人気を高めています。

婚約指輪の選び方ポイント

ウェーブ状の婚約指輪には似たようなタイプの結婚指輪を選び、ストレートタイプには同じくストレートタイプを選ぶなど、ファッションを楽しむような感覚で指輪選びも楽しめますよ。

婚約指輪はサプライズプロポーズをするために、男性がひとりで選ぶというケースも多いかと思います。そういった方は、後々重ね付けできるようなデザインのものも検討してみるのもいいかもしれません。婚約指輪を永く使ってもらえるポイントでもあります。彼女が好みそうなデザインや、ブランドを把握しておきましょう。彼女が着けているアクセサリーを参考にしてみるといいかもしれません。

婚約指輪をつけるのは左手の薬指だけじゃない!

左手の薬指につけなくてはならないものだと思われがちな婚約指輪。実はどの指につけてもOKという事実にちょっぴり驚いた方もいるのではないでしょうか。それと同時に、他の指につけてみたくなった方もいるかもしれません。婚約指輪に込められた神聖なストーリーを感じながら、思い思いの指につけて、大事な指輪を保管していってくださいね。